もくじ お寺の紹介 四季折々 行事 仏教壮年会  くえの会 門前の出会い


仏教婦人会

宗真寺仏教婦人会は親鸞聖人のみ教えを仰ぎ、婦人の信仰を育て、会員相互の親睦を図ることを目的として、昭和40年に設立された。例会での「正信偈」学習会をはじめ、初参式、物故会員追悼式を主催するほか、永代経、報恩講、一斉清掃などの宗真寺の行事に手作りの料理をしたり、本山参りや恵信尼公廟碑への寄付などをして活動している。また、5年毎の記念事業として、記念植樹、備品の寄贈なども行う。境内や建物内の環境を整える上で婦人会の果たす役割は大きい。
例会日:毎月23日 午後  (3月、7月、11月の例会はありません)
会員数:約180名 (令和 3年 4月現在)

会長: 小野 美津技


仏婦5月の定例会
令和3年5月23日(日)13:30〜14:30

1年4か月ぶりに婦人会の例会が再開されました。ただしマスク・検温・消毒に意を払い、
人数も20名に絞っての再開です。これまでの学習会「お正信偈をいただく」は引き続きおやすみとし、
替わりに講師前住職によるワンポイント学習会が短時間行われました
 
戸を開け、密を避けた椅子の配置
 
前住職の調声で正信偈をお勤め
 
講師:前回学習した善導大師の教え「与韋提等獲三忍」の一行に絞って
 
帖外和讃から親鸞聖人のおことばを引用し、
我々凡夫がお浄土に到る道を説明・・・
 
本堂で久しぶりの学習は有難く、
皆熱心に耳を傾けたことでした


仏婦1月の例会・学習会
令和2年1月23日(木)13:30〜
学習会は「お正信偈をいただく」第18回目、善導大師の続編です
 
正信偈のお勤め、会員の調声を
 
住職がアシスト
 
学習会の講師は前住職
 
「開入本願大智海」〜「即証法性之常楽」
 
善導大師の功績が
 
ハイライト:<王舎城の悲劇>
 
イダイケの夫人の願いを受けた釈尊が王宮に出向いて仏の世界を説かれる、それが「観無量寿経」! 
と、手塚治虫の漫画で、面白く語られた


仏婦 手芸の集い
令和2年1月23日(木)10:00〜
例会の日、午前中に有志が集まり、9月の物故者追悼法要で遺族に記念品として差し上げる
お経本のカバーを作りました
 
雨の宗真寺
 
婦人会の有志の人々
 
装飾用の布地を裁断、
 
折り返しを縫って、折り、糊付けします
 
手慣れたもの!作業は進んで
 
美しい出来上がり!


仏婦12月の例会・学習会
令和元年12月23日(月)
行事が続き、8月以来久しぶりの例会・学習会
「お正信偈をいただく」は17回目、丸四年が経過しました。
 
冷え込む境内でした
 
ストーブで暖を取り、正信偈のお勤め
 
今回は事前に前住から指導を受けて
 
無事に終了
 
学習会の前に講師の前住、「台風15号で倒壊した杉は本堂を護ってくれたのだ!と思いたい」
 
神妙に耳を傾ける会員
 
七高僧の第五祖:善導大師は親鸞聖人がどれほどに讃えられたか
 
カラーの配布資料、次回は観無量寿経のドラマティックな面を学習すると伝えられる。


物故女性追悼のつどい
令和元年9月23日(月)
台風被害から復旧の最中、お彼岸の中日を迎え、過去一年に亡くなられた宗真寺ゆかりの女性を偲びました。
 
快晴でした
 
遺族が紹介され各々が遺影に花を飾る
 
献灯
 
献花
 
献香があって
 
正信念仏偈のおつとめ
 
終わって仏婦会長の挨拶
 
住職のはなし:「当たり前だと思っていた懐かしい人との時間は、有難いことだったのだと気づき、それを大事にしましょう」
 
遺族に記念品(婦人会手作りのカバー付きお経本)が贈呈される
 
遺族代表のあいさつ
 
讃歌「みほとけに抱かれて」
 
お茶をいただき、語らいのひと時を過したことでした


仏婦8月の例会・学習会
令和元年8月23日(金)
 
緑濃い境内でした
 
正信偈のお勤め
 
会員二人の調声を住職が補佐
 
学習は「お正信偈をいただく」16回目
 
七高僧の第四祖、道綽禅師の時代と人と教え
 
前住が禅師の「聖道門」「浄土門」について
 
手作りの資料で説明、今回も行事が重なり、次回は12月になる


「みのり会」一日研修会に参加
令和元年6月29日(土)
千葉県教育会館で行われた千葉組仏教婦人会連盟の集まりに
宗真寺からコーラス部員を含め20数名が参加しました
 
仲村婦人会会長があいさつ
 
2時間弱で教育会館に
 
満員に近い大ホール
 
開会式:で讃仏偈のおつとめ
 
午前は節談説教と
 
雅楽があって
 
ミニ・コンサートでは弘教寺、高林寺、寶滿寺に続き宗真寺が出演
 
「夕焼小焼」、「芬陀利華」、「いのち」の
 
3曲を歌う、浄土寺を含め5か寺が参加、温かい拍手をもらう
 
午後は講話:釈撤宗師の
 
「『歎異抄』を学んでみましょう」
 
充実した一日を終え、帰路についたことでした


仏婦5月の例会.学習会
令和元年5月23日(木)
行事が重なり、1月以来の例会でした
 
久しぶりの快晴に緑が映える
 
正信偈のお勤め
 
会員二人を住職がアシスト
 
学習会:「お正信偈をいただく」15回目
 
「天親菩薩論註解」から「諸有衆生皆普化」まで
 
熱心にメモを取る参加者
 
大切な用語を自分で書きこむ講師手作り資料、次回は8月、復習しておかなくっちゃ・・・


平成31年度総会・お花見
平成31年4月23日(火)
 
境内は春たけなわ
 
真宗宗歌を歌って
 
正信偈のお勤め
 
仲村会長あいさつ
 
住職のあいさつで新たなスタッフ
三瓶悦子法務員が紹介される
 
来賓あいさつは仲村責任役員
 
事業報告
 
会計報告
 
監査報告・・・と続く
 
法話は布教使でもある三瓶師:が、母からカレーの材料を頼まれて2歳の妹とスーパーへ行った4歳の兄が、やっと買い物を終えて母の懐へ飛び込んで泣いたテレビ番組を例に、
「お寺は阿弥陀様の前で安心して涙を流せる場所ですよ」と語られた
 
お花見で乾杯!
 
小山さんのギターがあって
 
磯辺さんの演芸に
 
堂内大爆笑! その後も続いて
 
最後はふるさと音頭、白浜音頭で
 
この日を祝ったことでした


物故女性追悼のつどい
平成30年9月23日(日)
お彼岸の中日、過去一年に亡くなられた宗真寺ゆかりの女性を偲びました
 
雨上がりの境内
 
物故者紹介で
 
遺族が献花(今年はトルコキキョウ)

婦人会会長の献香のあと
 
正信偈のお勤め
 
住職のお話があって
 
会長から記念の品が手渡されます
 
遺族代表のあいさつに

萩の花もうなずいていました


平成30年度総会・お花見会
平成30年4月23日(月)
 
ツツジが満開でした

讃仏偈のお勤め
 
婦人会綱領の読み上げ
 
会長あいさつ
 
住職あいさつ
 
来賓あいさつと続く

事業報告・会計報告があり
 
新役員が

紹介される
 
前住職のミニ法話:
戦争未亡人の生きざまを例に、「私たちは死者とつながっている。御同朋と呼びかけられた
親鸞聖人の大悲のおこころのもと、お寺を皆のとりでにしましょう」 
 
近くの語り部による日本の民話や
 
ギターの伴奏で「四季の歌」
「ふるさと」に
 
拍手・喝采し
 
炭坑節や

白浜音頭で

この日を祝ったことでした


物故女性追悼のつどい
平成29年9月23日(土)
お彼岸の中日、過去一年に亡くなられた宗真寺ゆかりの女性を偲びました
 
静かな曇り空でした
 
中尊前に遺影を飾り
 
 献灯
 
献花
 
献香
 
そして正信偈のお勤め
 
全員が
 
お焼香
 
住職のおj話があって
 
婦人会の手作りの記念品が渡され
 
会長あいさつの後
 
遺族代表の感謝のことばがあり
 
讃歌「みほとけに抱かれて」を唱和し、亡き人とのご縁を偲んだことでした。 


平成29年初参式
平成29年5月28日(日)
2年ぶりの幼子の初参り、3家族4名の参加がありました

 
いそいそと
 
待機する
 
幼子たち
 
子供たちがともしびとお花を
 
両親がお供物を奉げ
 
「三帰依」と「念仏」の音楽法要
 
住職あいさつ
 
家族ごとお焼香して

記念の品が
 
婦人会の
 
会長から
 
手渡されました
   
本堂前で記念撮影
 
そして恒例のあずき粥
 
赤飯、サンドイッチ、果物で
 おいしいお昼をいただきました。

平成29年度総会・お花見会
平成29年4月23日(日)

 
廊下には戴いた八重桜やコデマリの花
 
正信偈をお勤めし

お焼香 
 
会計報告、監査報告と議事が進み
 
法話は前住職が
 
「この本堂は再建されて150年、関東大震災、第二次大戦に耐えて今日に至る、この地域唯一の浄土真宗のお寺・・・」
 
食事は
 
鋸南「花あかり」のお花見弁当
 
歌と共にゲームが始まり
 
各自が持ち寄った景品や
 
白浜音頭、炭坑節、大漁節で
 
日常を忘れたことでした



物故女性追悼のつどい
平成28年9月22日(木)
お彼岸の中日、宗真寺に縁があり、過去一年に亡くなられた女性の方々を追悼しましました。

 
台風の影響で雨が続いた境内
 
物故女性の写真を並べ
 
花を飾りました
 
献灯・献花・献香のあと
 
正信偈をお勤めし
 
会長あいさつ
 
住職:「お任せしなさい」「お任せします」が「なもあみだぶつ」です。故人を縁にして手を合わせる生活をしていきましょう
 
遺族に記念品として婦人会手作りの
お教本カバーが送られる

 

遺族代表から感謝のことば
 
最後に讃歌「みほとけに抱かれて」を斉唱。 歌詞も旋律も心にしみることでした。

『みのり会」に参加
平成28年6月12日(火)
例年通り、平成28年度千葉組仏教婦人会連盟の一日研修会に参加しました。
今回は初めてのこころみで、千葉組寺院のコーラスの発表が企画され、4か寺の一つとして宗真寺も参加した

 
貸し切りバスで
 
千葉教育会館に到着
 
研修が始まる
昼食後のコーラス、宗真寺は四番目
「ささえあう仲間」と「念仏」の二曲
   
最後に参加者合同で「しんらんさま」を
歌う
   
研修の講師は鹿児島県善福寺ご住職で、国立南九州病院倫理・治験・利益相反委員であられる長倉伯博師
25年間にわたる臨床僧侶としてのご経験から看取ることの意義を深く暖かく語られた。

「あなた往く人、私も少し遅れて往く人、共に浄土に歩む人・・・」


平成28年度総会・お花見会
平成28年4月23日(土)
 
ツツジ咲く境内
 
讃仏偈をお勤めし議事進行
 
前住職のミニ法話
 
「仏さまという縦軸を中心に寺友という横のつながりを悦びましょう」
 
楽しい昼食は
 
「はな明かり」の花見弁当
 
親睦会の幕開けは健康体操
 
伸びる伸びる!
 
フラダンスでは
 
みな若返る!
 
そして最後は炭坑節と白浜音頭で
 
1年のスタート!


物故女性追悼のつどい
平成27年9月23日(水)
 
秋晴れのお彼岸中日でした
 
本堂に故人の写真を並べ
 
献灯、献花
 
正信偈をお勤めしました
 
焼香には母親と一緒に幼児が
 
会長からあいさつ


住職から讃歌「み佛に抱かれて」の解説を受ける

記念品として婦人会手作りの

お教本カバーが贈られる
 
遺族代表あいさつ
 
そして讃歌を合唱
 
お茶で故人の想い出など語り合った
ことでした。


平成27年初参式
平成27年5月31日(日)
2年ぶりに、5家族から1歳から5歳まで5人の参加があって、第24回目の幼子の初参りでした。
 

待機する幼子たち

 
献灯
 
献花があって
 
両親たちがお供物を捧げる
 
「三帰依」「念仏」の音楽法要

婦人会手作りのあずきがゆなどで
美味しいお昼をいただきました。
 
本堂前で記念撮影です。


宗真寺仏教婦人会50周年記念総会
平成27年4月23日(木)
 
新緑が目にしみる境内
 
讃仏偈のお勤め
 
会長あいさつの後
 
議事が進行する

事業報告・会計報告・監査報告など

そして記念品の紹介
 
前住職の記念法話:「お寺は喜愛心に出会う場です。煩悩があっていいのです。
そのままでよいと阿弥陀様はおっしゃっています」 
 
イベント:佐原の浄土寺門徒 片野聡氏による篠笛の演奏
 
ポピュラーから仏教讃歌までを
 
さわやかなトークを交えて演奏
  
満場を魅了しました



石けん作りのつどい
平成21年5月23日(土)
午後からは婦人会例会、午前中に有志が集って廃油を使ったエコ石けんを作りました。
見てくれは悪いけど、子どもの靴下、ワイシャツの襟、台所の食器、換気扇の汚れなどがよく落ちます。

カセイソーダに水を加え

廃油をそそいでかき混ぜます 

どろっとした乳化状態にして

発泡スチロールの箱に流します

「今年はいい出来だわ」
きれいな川や海を子どもたちに残したい母なる願い!

一週間ほどで固まったら切り分けて完成です