もくじ 四季折々 行事 くえの会 仏教壮年会 仏教婦人会 門前の出会い



お寺紹介
   



本堂


鐘楼


宗真寺の正式名称は浄土真宗本願寺派石川山宗真寺。
創立年は寛永9年、1632年とされ、現在の石川住職は18代目になります。

 安房は歴史的には日蓮の足跡もあり日蓮宗、真言宗、曹洞宗の寺院が多いなかで
宗真寺は館山市と周辺町村の唯一の浄土真宗の寺院です。

広い境内は緑豊かで、四季折々花が咲く。特にオオムラサキというつつじが美しい。

 境内は本堂を正面に左に墓地への通路があり、
右に夕べの鐘を響かせている再建された鐘楼がある
(設計:竹澤古典建築設計事務所)。

本堂では浄土真宗の日々の行事はもちろん門徒による諸々の行事や
時には
音楽、演劇などのイベントも開催される。