四 季 即 是  

「老春」真っ只中、安くて、美味しい、お店を見つけました !!

食べ物やさんの場所は、メールでご照会ください。

    



元の「白濱屋支店」です。最近方々におすし屋さんが増えましたが、なんといってもお勧め一番のすし屋さんです。昔農家の方が館山へ出てきておすしを食べた時、小さいといって文句が出たので、シャリは大きい田舎寿司をいまだに守っている老舗です。奥さんを亡くし、おやじ落胆していましたが倅ががんばっています、また応援の板前さんが腕がいい、それに加えて昔からいるカズコさんの愛嬌がいい。お奨めは握りずしです、鮪のすしなにタレがかかっているのがうれしい、しかしもう私には一人前は多すぎて食べきれません、皆さん挑戦してみてください。    −2004.04−
夢屋の親子の写真


しばらく食べ物屋さんの紹介サボっていてごめんなさい。今日はとっておきのお店を紹介します。
関西流お好み焼き「夢屋」です、名前の由来は関西(奈良)から中年夫婦二人が夢を抱いて館山へ来たからです。 その夢が、お好み焼きに凝縮されています。館山へきて2年目ですが昨年の夏、最愛のご主人をなくなされました、 お好み焼きの味は作る人個人の味ですから、奥さん一生懸命やってもご主人の味は出せませんでしたが そこは関西人の頑張り、お子さん二人の応援もあって、今は親子3人でいい味を出しています。 お母さんの奈良弁(河内訛り)も心地よい、子供さんも笑顔を絶やさずいい雰囲気である、 メニューは広島焼・神戸焼・ねぎ大仏等いずれも焼いてくれるので女性の方も安心。 昼はファミリー、夜はアベックが多い。 営業時間16時から22時 土日祝は12時から22時 火曜休み なお、お店は阪神ファンなのでご注意  −2004.04−
きくやの写真




掲示板で「かめ吉ヴェーダー」さんや「ほづみ」さんからたびたびご推薦の有りました日本そば「きくや」へやっと行って来ました。  ちょっと小高いところにありますが、もう8年になるそうです、おそばについて奥さんに聞きました。 「このそばは東京下町で育った「町そば」といい、田舎そばの太いのに対し、粋にということで細切りになったそうです。 そば汁も本来は濃いめで、ちょっとつけて食べるのですが、うちではお客様に合わせ、たっぷり付けて召し上がれるように薄めにしてあります」  だしが利いていて、そばは汁だなぁと再認識しました。ご主人がそばを打ち・切り、奥さんがゆでて・客扱いをする、そばなら何でも、生ビールはエビスです。  奥さんは笑顔がいい、物静かで女優の丹阿彌谷津子に似ている。 定休火曜日 am11:30〜pm8:00 −2002.06− ご主人病没 閉店
五十番の写真

五十番


ここのお店の紹介は難しい。その昔昭和26年に館山劇場のそばに「五十番」でお店をだし、 その後長須賀「天友」となりで「五十番」、洲宮で「稲穂」、現在の丸山農協前で五十番と、皆さんに愛されながらこの地へ。 ご主人はここを死に場所と考えているようである。  自慢の料理は餃子つけワンタン(600円)、もつ味噌炒め(600円)、だいたい500円〜600円が主体である。  つけワンタンと、もつ味噌炒めを食べたが量が多い、一皿を二人で食べてちょうどいい、余った料理を女将さんがパックに入れてくれた。  ご主人も女将さんも昔の話を喜ぶ、是非昔のお馴染みさんは足を運んでください。 定休水曜日 −2002.06−
マルセイ与助丸の写真








美味しいお店が出来たものだ「マルセイ与助丸」。生来私は海老とカニの味の区別が出来ないほど、 「えび・カニ音痴」だったのですが、このお店の海老天丼(1,000)を食べて、海老のホントの味がわかりました。 御飯にかかる汁はやや少なめであるが好みでしょう。穴子海老天丼(1,300)は穴子が丼のふちを一回りしていて辟易とした。 お刺身盛り合わせは田舎もりで体裁は悪いがネタはいい。隣のお客が中トロ寿司を注文したが、おにぎりに中トロが乗っているようだった。 昼時はサラリーマンで混んでいる。おすすめは五目天丼(えび×2、いか、ズワイガニ、ほたて、ハゼ)です、1000円です。
営業時間 昼11:00〜14:00 夜17:00〜20:00 定休日 火曜日 −2002.11.25−
まるよの写真



チョッと遠いいが鴨川八色にあるお店、食堂が並ぶ中で此処はいつも満員、 サラリーマン・土地の人・田舎から出てきたおばあさんたちで賑わっている。 出来ますものは、そば・和食・中華・自家製ところてんまである。  おすすめは「自家製コロッケ定食」こんもり厚みがあり、ジャガイモも吟味してある、キャベツもたくさんあり、コーヒー付きで750円は安い。  その他にラーメン750円に300円たすと ミニ天丼・五目ずし・ミニカレー・おいなり のうちどれか一品食べられる、ランチタイム(10:30〜14:00)に行けばコーヒーもつく。   店の人がみんなキビキビ働いている姿が好感を呼ぶ。 −2002.03−
やまきの写真

やまき

 
土曜日12時30分に行った、カウンターに腰掛けたが、お客はしっきりなしに来る。外で待つ人もいた。 店は約20人は入る。  メニューは開店当初「ラーメン」「餃子」「御飯」だけだったが、最近行ったら「めん類」「冷やし中華」「ご飯類」「チャーハン」「ちょこっと一品」「野菜炒め」「飲み物」「酒・ビール」「自家製デザート」「あんにんとうふ」が追加されていた。
 味のほうは麺が美味い、スープとマッチしていて味が口に残りいつまでも美味い。餃子は小粒であるが味は濃い。 メニューに酒・ビールが追加されたため客の回転が遅くなった・30才まえの美貌の女性2人と母らしき女性1人が口もきかず一所懸命。
営業時間 11:00〜14:00 定休日 水曜日、第4日曜日。  2002/11/25
たこちゅうの写真







 私「たこ焼き」については、中のうどん粉が煮えてないみたいで、よくおなかをこわさないものだと思っており、ソースの味で食べていました。 ところが目からウロコで、ここの「たこ焼き」を食べて驚いた、形はまん丸で皮がカラット焼け、中がグラタンのように美味でやわらかい。8ケで380円、ネギを付けると20円高いが付けた方が美味。 2本のヨウジを巧みに操りたこ焼きの頭を割き、ネギやマヨネーズを入れる。お客さんが多く整理券が渡される、15分待ちで食べられればラッキー、待ちきれず帰る人もいる。 若い夫婦で一所懸命。   −2002.06−
ヤタロメウの写真

ヤタロウ


掲示板に投稿されたかめ吉さんのお誘いもあり早速行って来ました。入り口もおしゃれな造りで、店内窓際に小さな花の植わった植木鉢が並んでいる、 メルヘンティクである。アベック2組と子供連れの家族が楽しそうに食事をしていた。注文したビーフシチューのきれいな出来上がりと味のうまさに驚いた。 ハンバーグ、バター焼き定食がよく出るとのこと。メニューは「土日祭日用」と「平日用」があるから注意。すべて税込み900円以下。 お店の名の由来はマスターが池袋で修行したときの店の名前。

松庵の写真




見物海岸に鳩山荘(自民党初代総裁鳩山一郎の別邸)がある、当初館山市で管理していたが持ちかねて民間に譲り「松庵」となる。 京都吉兆の入口を思わせる数奇屋風の門、座敷は怖気づくほど豪華、海の景色は最高、会席料理3500円から7000円、ただし昼間は無い。 昼食は海老丼・海鮮丼・焼肉丼各1200円、かき揚げ丼・山かけ丼各1000円。ご推薦は海鮮丼。味と雰囲気と満足感で車中の人となる。

コロッケハウスの写真







ご存知の方も多いと思いますが平群役場のそばにある「コロッケハウス」、先日行ったが相変わらずサービスは悪い、 しかしそれ以上にロッグハウスの中で、揚げたてのコロッケを、八ヶ岳を見ながら食べるのは爽快。お勧めはコロッケとメンチ各1ヶづつの「メンコロ定食」750。 ネーミングが笑わせる。
平成16年5月9日をもちまして閉店いたすことになりました。13年間の永い間のご愛顧に心よりお礼申し上げます。有難うございました。

あさみの写真

あさみ

私の一番好きなのは「鰹のたたき」、秘密のだしの味は教えてくれない、ニンニクのスライスがマッチして天下一品。 そのほか揚げ物も得意としている。親父はゴルフシングル。ゴルフのプレーヤーが食べにくるのでお昼は込む。家族で働いているが息子がまた良くできていて好感。
:

天友の写真

天友

終戦後、もののない時からやっている老舗。海老もいいが、かき揚げが美味い。揚げるのは頑固な親父が専門だったが、最近になって倅にも許可が下りた。時季になると汐入川河畔の桜が美しい。
長らく休んでいましたが 17年4月から 再開しております

白濱屋の写真

白濱屋

支店

支店と本店があるが支店の方です、間違えないように。田舎寿司で大きいが、すしネタに昔ながらのタレがつき美味い。 いい想い出となることでしょう。親父は相撲好きで愛好会の会長、関取連中もよく来る。女将さんは粋で愛想がいい。その女将さんが12年5月に急逝されたご冥福をお祈りします。

    「なか川」を参照してください。

すし甚の写真



寿司では老舗、元は八百屋で八百甚といっていた。流行にとらわれずかたくなに昔風にやっている。バスの団体客(寿司食べ放題)もあまり来ず、ネタがいい。江戸前。

BuBuの写真

Bu
Bu

館山には少ない本格的な小さなレストラン。マスターはシチューを勧めるが、私は貝のスパゲティを食べる。若い奥さんが店に出ているが健康美あふれる美女、よく働き、よく気が付く。日替わりランチあり。

ばんやの写真



漁協直営だから新鮮・そして安い!」 料理のつくりが素人ぽくて好感。「ばんや寿司」--朝獲りたてのネタ(カジキ、太刀、マグロ、ひらめ、イナダ、すずき、金目、サザエ、タイで1,500円)。 カマスの餃子(500円)、アジフライ定食(900円)、ほか品数多数。観光バスでお客が大勢来るとサービスはかなり落ちる

一粒の麦の写真




館山ゴルフクラブの中にあるレストラン。必ず食べるのが「石焼きビビンバ」これ以外の料理を食べたことがない。 韓国製石の器で本格的、ぜんまい・卵・キムチ等々自然の味覚一杯。おこげの味が忘れられずにまた行く。ただし猫舌の人はだめ!(ランチタイムで980円)

梵の写真

チョット遠いいが丸山町の「梵」まで行って来た、蕎麦についてはいろいろ好みがあるのでいちがいには言えないが、 建物の外装・内装・庭など凝っている、薬味のネギも晒してあるほどだ。「キス天もり」の大盛りを食べた(1350円)が美味かった、まだ口の中にうま味が残っている。 店主敬白

一天張の写真

一天張

安馬谷の交差点の手前、和風れすとらん「一天張(いってんばり)」。名前のいわれは、 若い店主が京都で修行し、まだなにもない加茂の原っぱの真ん中に「将来を夢見て店を張る」から来ているとのこと、それから14年、 意気込み立派。私はヒレカツ定食・女房は海老フライ定食、ひと味違ってうまい。昼飯時は混む


 トップページへ         次の ページへ

メールはこちらへ