春の小川


三月 春めく

春めく 寒気がやわらいて゛
どことなく春らしい感じになってくることをいう

「めく」は その兆しの見えてくる意の接尾語

陽の光 土の色 動植物の動きなどに
ふと春の来ていることを感じてときめくことがある

「春きざす」は「春めく」よりも具体的である

春めくや薮ありて雪ありて雪 一茶




朝市の雛

 内裏雛トラック通るたびに揺れ(弧城) 

勝浦市 (朝市の雛)

 


真野大黒天祭

神職も酩酊なされ里祭(ゆたか)

南房総市 久保 (真野の大黒天祭礼)

 


梅の花

梅匂ふ夜の男坂女阪(重好) 

館山市 (城山公園)

 


羅漢仏

高速道の音のみ寒い羅漢像(ショウ) 

安房郡 鋸南町 (鋸山五百羅漢)

 


手作り金魚

明日のこと言わず掬った金魚飼う (胖子)

館山市 (八幡八幡宮)

 


菜の花畑"

菜の花の中の迷路を抜けて来し(豊子)

 南房総市 和田町

 


蜥蜴の子

子蜥蜴に人見知りなどなさそうな(雨童)

南房総市 

 


スマホの操作

待つことのひと日ひと日さくら咲く(美樹)

館山市 (城山公園) 

 


 トップtopページへ      次の nextページへ