ごみを減らすために心がけたい”3つのポイント・3R”

 

 

 



リデュース
(Reduce)
 


 ごみを減らす:すぐごみになってしまうものを家庭に持ち込まない。
  例…買い物袋の使用,過剰包装の抑制など
   ※レジ袋は1枚約8g。
    過去のモニター調査では,1世帯当たり1週間に平均11枚
    のレジ袋を使用していますが,買い物袋を持参することで
    1週間当たり約6.4枚を削減可能です。これを年間で重量
    に換算すると,全世帯(344,905世帯 H12.4.1現在)で
    約918トンのごみの量の削減と,約43,250千円の処理経費
    を節約できます。



リユース
(Reuse)
 


 ごみとしないで再利用する。
  例…修理して使う,詰め替え用品を使用する,必要な人に譲る。
    シャンプーや洗剤,調味量などは,詰め替え可能な商品を購
    入する。



リサイクル
(Recycle)
 


 ごみを資源として活用する。
  例…スーパー等の紙パック・発泡トレイ・アルミ缶回収の協力,
    集団回収,新聞販売店での古紙回収の協力。

  ※ 再生商品を使う・・・トイレットペーパー,ノート,台所用品
    など,同じものを買うなら再生品やエコマーク,グリーンマー
    クのついたものを使う。