2021                                                      

 

2021年10月20日 18時25分


 コンニャク日和&ピザ日和

 
 コロナ感染者が急速に減少し始めております。
千葉県は7日連続で20人を下回ったそうです。
しかし、海外では感染が再拡大との報道もあり、第6波も懸念されたりでまだまだ安心できる状況では無いのですが・・・ひとまず、喜んでいい事象としてとらえたいものです。

我がしろうと百姓塾にしても、生涯大33期OB会にしても、ヨガサークルにしても長かった自粛から解放されやっと訪れた一時の平常生活の有難さが味わえそうです。
そして、今朝、戦没者遺族会の役員会兼懇親会開催の連絡が・・・何かと、忙しくなりそうな気配が漂ってきました。

生涯大OB会の方も、特技の庭師仕事でため込みざるを得なかった軍資金を吾輩が預かっておるので・・・何とかせんとです。
とりあえず、6波が来る前の11月中旬に何かを企画せねば・・・何かと、身辺が忙しくなるような嬉しき悲鳴をあげる時の到来かな。

本日は、そんな安心感からか心なしか笑顔や笑い声にも活気が感じられた賑やかな一日を山の広場で過ごすことが出来ました。
10月例会の仕事である「コンニャクづくりの」リハーサルを兼ねて、OB会7名プラス古民家再生のメンバーからコンニャクづくり研修者2名を迎えて雨上がり後のポカポカ陽気の秋の一日が過ごせました。

ついでに、黒川スタッフのピザ焼き道の更なる修練・向上を目論んで「ピザ焼き」もついでに楽しみました。



       
 過ぎた10/15 黒・夏・岡の3匹の老人スタッフで山の広場の片づけ掃除、芸術家黒川氏故に・薪の積み重ねにも「美」を追及? コンニャク:まず、微(?)魔女達の手で芋の処理 →茹で →ミキサーへ  冷まし固めたコンニャクをカットして寸胴鍋に投入、ここまではまずまずの出来? 古民家再生事業責任者のはらだ氏と  4キロの芋、 キロ当たり市販品の板コンニャクが16枚なので都合64枚分となるのです。
       
 ピザ生地作り:我がヨガ友のたむらさん&はらだ氏、そして心強き新加入者・・パン作り名人のヨガ友②のカワナさん  ピザづくり:延ばした生地に具材をトッピング中の古民家の味噌部長のサトウさん  年甲斐もなく、メキメキと腕を上げたピザ焼き・・芸術的焼き上がりに・・・陶芸の修行は伊達ではない?
  開設の準備が進む館山道の駅に、ピザ屋を出店開業も冗談でないかも?

 ただただ、残念なお知らせが・・・ポツンと広場の富有柿、カラスの襲来はカイトがその威力を発揮して守ってくれているのですが、今年は、明るみが・熟しが早い、10/31の例会迄待ってくれそうにない・・・本日も可成り頑張ってもいでしまいました。
今年の実ものは皆豊作、柿も豊作なのに・・・あぁ それなのに・・・なのです、、、ザンネン!!
物足りない?かと考え、代りに空豆の種まきをメニューに追加しますワイ。

そして、本日の歩数計は、20,741歩・・・爆睡モード基準をクリヤーです。







2021年10月08日 11時07分

 秋本番・・秋には赤

 
   
   
 ポツンと広場への登り道途上の『ガマズミ』の実  スズメバチの捕獲器  台風16号の置き土産・・・こんなもんで済んで吉とするか?  新兵器:対戦カラス撃退用『カイト』を配置
秋真っ盛り
三芳野の里山の秋には、赤い実が映えます。 

「ガマズミ」の他にも・・・、「野イチゴ」「ナンテン」「アオキ」「千両」「万両」がこれから赤色が見頃に、楽しませてくれますゾ。

秋には、何故か赤が似合います。

  柿好きのスズメバチも1週間で約20匹をキャッチ

 カシノナガキクイムシが病原菌を伝播(デンパ)することで起きる樹木の伝染病「ナラ枯れ」
被害で枯れたマテバシイの落ち葉や折られた枝が大散乱、どこから手をつければよいのやら・・・。 

 
早生種「次郎柿」もオイシイ色合いに 


お待たせ・・・10/31の例会・・コロナのせいで、延び延びになってしまってた「ドングリおじさん」が登場します。







2021年10月03日 03時45分

 宣言解除

 10月 神無月になりました。

今年も残すところ3月・・・無為に日々が過ぎているからか? それとも感心・感動・感謝の3感の少ない&トキメキの無い日々を過ごしているせいか?
月日の流れが速すぎます・・・まさに「歳月人を待たず」なのです。

10月に入ったら、今迄のキョンの鳴き声に変わって、我が家の近辺で鹿の鳴き声が聞こえはじめ、更に目撃情報も・・・。
近くの集落では🐵の群れも出現中とか、確実に野生動物王国が形成されつつある三芳野です。

10月に入り❷、長く続いた緊急事態宣言がやっと解除されました。
昨日あたりは、行楽地が大混雑とか・・・皆みんな長期自粛&辛抱で解除を待ち焦がれていたのですね。
昨日は、南房総でも可成りの人出・高速道路では事故も重なり大渋滞も発生していたようです。

そして南房総市でも、自粛で閉鎖されてた施設もやっと今月に入り使用可となりました。
吾輩が会長を務めてるヨガサークルも活動再開です。
が、使用していた部屋が・・・今度は、近くにある保健センターが・・・何と、今頃になってアスベスト含有判明に伴い長期の改修工事に突入、その反動でそこの事務所の移転場所に。
また又、来年6月までの長期に渡り・・・追い出され事に。
30人近い会員数故に、中々それなりの広さの適当な代わりのレッスン会場が無いのです。
今迄も、市の行事や業務優先で、使用出来ない時には「みよし交流館で2回に分割開催」やら「柔剣道場」やらと右往左往してきたのですが・・・。
いずれも帯に短し襷に長しでありまして、イマイチしっくりと来ない感じで、とても長期間使用には不向きなのです。

が、良い処があったのです、まさに灯台下暗しで、すぐ近くに吾輩がその昔 夜な夜な足げに通ってた三芳弓道場『鳴弦道場』が。
『元会長に使わせろと云われればNOは云えません』と、昔夜な夜な仲良く一緒に弓を引いた現三芳弓道会会長も歓迎してくれたので、当分の間は、弓道場がレッスン会場です。
よって、この際、ワガママな会員達を、今まで以上に作法や礼儀に厳しく・・・心も鍛えるヨガサークルに若干進路変更…です。

ヨガのレッスンごときで(先生・・・申し訳ございません)あまりエネルギーを使ってる場合では無いのですが・・・結構、何かと神経を使わされております。


     
 10/31に向けて・・・今のところ順調に大きく膨らんみ色づき出してくれてます。  コンニャク芋の試し掘り・・・可成り順調にいい玉に美味しいのが作れます・・・カナ?  生涯大OB会の味噌用大豆・・・可成り順調に生育、今季は期待大・・・百姓塾の分も賄える?  台風接近・・暴風雨の最中、暇持て余し対策に物置の中でセッセとにわか大工で縁台を


 
ところで、一昨日に来襲した台風16号、県下でも可成り被害が発生したところもあるようで困ったもんです。                   
 
吾輩関連では、10/2には吉野梅林の下草刈を業務提携(?)した館山地域おこし協力隊・館山おせっ会の面々と計画していたのですが大量降雨で足元不良のこともあり10/5に延期にさせられてしまいました。
                         
百姓塾関連でも、栗の太い枝も折られたり山のポツンと広場周辺のナラ枯れ被害のマテバシイの木の枝がだいぶ折れ・枯れた葉とともに大量に広場に散乱。
登山道の中間地点付近の曲がり角にある柿の木も倒され道がふさがれ・・・近所の地主と二人で片づけにひと苦労。
農業用水の簡易水道も洪水で壊されたようで・・・目下、断水中(*´ε`*)

毎年の事ながら&年々風雨の規模を拡大させる台風・・・近づかぬよう&被害が発生せぬよう祈るしかない現状・・・。
宇宙の
(と云っても大気圏のすぐ外?)開発・開拓なぞよりも地球を防衛することの方がまとものような気がするノデスが・・・。
被害が大きくなる一方の実態を何とかならんものか?

 やっとのことで、感染者数も減少し緊急事態宣言は解除されましたが、まだ安心できる状況ではなさそうで、第6波も懸念されております。
吾輩たちも、今のうちに・久々にのんびり温泉にでもつかりに出かけたい・賑やかに懇親を深めたいたいところではありますが、まだまだ人混みは避けた方がよさそうですネ。

皆さんも、第6波が来る前に伸び伸び&ソコソコのんびりと、お出かけは今のうちに・・・ですかな?
家族揃って遊びに行く適当な場所が見当たらない時には、山掃除に足を運んでくだしゃんせ・・・。
ハンモックで昼寝をするには、今が丁度良い季節&早生の「次郎柿」も色づき食べごろに差し掛かり出しました。
台風の大雨で畑の雑草達も勢いを増しており、はたまた初秋に蒔いた小松菜や大根やカブなどの野菜達の間引き時です。




 









2021年09月18日 13時19分

 地域おこし協力隊&おせっ会

 台風の接近に伴い、朝から時折強雨が襲ってきています。
本日は、雨読晴耕ならぬ、農作業はお休みして脳作業の「塾だより更新」に勤しむことに・・・します。

ところで、 前回お知らせした通り、過ぎた15日の午後は今季ラスト栗拾い&イガ片付け・燃し作業でした。
OB会の三婆達に黒川氏と吾輩をプラスして5老人たちでで賑やかに頑張りました。

雨上がり後であったこともあり、又もう栗もそんなには残ってないだろう・・・オイル空き缶バケツをゴロゴロ2機で十分であろうとと見込んで運搬車は置いて空身で登ってしまたのが不正解・・・だったのです。

イガを片付けながらの栗拾い、想定以上に残っていたのでした・・・結果として、ゴロゴロ2機の他に手提げバケツ2ケ、籾袋イッパイを一輪車に積んでと参加者5人全員が何らかの形で栗を運び下す羽目に・・・ザッと見で約60キロ位か?・・滑りやすい坂道で・・・家までたどり着くのに一苦労の大惨事となってしまいました。
何だかんだで、今年は久しぶりの250キロ超えの大収穫となりました。(ちなみに、昨年は60キロ位の不作)


 ところでその2、変則三分割開催となった9月栗拾い例会、きちんと教えたり、適当に中途半端に伝えたり、全くお知らせ出来ずじまいだったリになりましたことが・・の『ためしてガッテン』~土鍋で甘さ6倍!栗感動の新調理術~を参考に・・・、
「土鍋」⇒「炊飯器」で   「何じゃこりゃ?!」・・ってくらいに甘くて美味しいとの口コミもされる程のビックリの料理法だとか・・・
                         👇
もし、まだ残っている栗や冷蔵庫に保存してある栗があるお方は・・・騙されたと思って、ためしに、お試しされてみては???
 栗を甘~くする料理法  ❶ 栗をビニール袋に入れ、0℃前後の温度を保つ冷蔵庫の氷温室等で30日以上保管する。
   ❷ 袋から取り出した栗を水でサッと綺麗に洗い、炊飯器に入れる。コップ一杯の水を炊飯器に入れ、スイッチオン!

 ❸ 炊きあがりを待つ・・・⇒甘く美味しい炊き栗をお召し上がりください。




   赤の彼岸花
(塾の駐車場わき)
   白の彼岸花
(我が家への進入路)
 玉ねぎの苗: 畑への定植に向けて・・
順調に育ってくれてます。
 たくあん用の大根も防虫ネットのなかでスクスクと芽を出してくれてます。🌱  曼珠沙華・・・毎年、秋の彼岸のこの時季に・・・・・・  忘れることもなく・・秋のおとづれを知らせてくれる・・エライものです。

 ところでその3、後期高齢者たちによるラスト栗拾い&栗イガの大片づけの日の午前には、館山・神余の吉野家にて「初顔合わせ会」が・・・
その相手と云うのが、表題の館山市地域おこし協力隊館山おせっ会のメンバー4人なのです。

しろうと百姓塾と生涯大33期OB会の二股草鞋をはいてる吾輩と夏・黒スタッフ同様、初顔合わせの人達は、館山神余の古民家修復再生を取り組んでいるおっせ会と地域おこし協力隊との二股をかけてるメンバー達のようでした。


  そして、今古民家修復事業を手がけている他にも吾輩たちが実施しているパルシステムの広がる企画の「梅もぎハイクイベント」の吉野梅林に通じる道を・・・何と、ハイキングコースにすべく整備をし始め出しているとのなのです。

そして、おせっ会の古民家修復事業の責任者は、なんと夏村スタッフのご近所さんなのであります。
そして、毎月1回の集まりでは、古民家の修復作業の他にも、味噌づくりや餅つきなども参加者が仲良くなりながら楽しんでいるとのことでした。
そうした2⃣組織と検討し始めたのは・・・10年ほど前から取り組んできた吉野家梅林の整備・維持管理・活用についてであります。

残念ながら、吾輩たちのOB会も寄る年波には勝てず状態になりつつ・・・戦力ダウンも顕著になり数年先を見据えた時には色々な面で折角、手塩にかけて整備し続けてきた梅林の維持管理が大変 ⇒ 無理に・・・整備放棄・野生化させないためには・・・若くて勢いのある人達が取りまとめているこの2⃣組織に移譲し、この貴重な里山財産をこれからも長く有効活用してもらいたいと云う吾輩たちの意向を快く受けてくれることに・・・なのであります。
 ひとまず、向こう2年くらいは梅の木の剪定や消毒などの整備や梅もぎイベントなどの活用方策を共同で実施する。
その後は、管理・活用を全面的に任せる方向で一緒に検討しながら取り組んでいくことになりました。

古民家を修復しながら仲良くなる会の方も、移住者や移住希望者、地域のひと、おせっ会メンバーなどの参加者が段々と増えているようなのです。

参加者が増えているということは、それだけ魅力を感じる仕事を・それだけ魅力あるメンバーが統率しているあかしでもあり、吾輩達としてもそうしたしっかりした人達が引き継いでくれるなら、安心して任せられるのではないかという想いなのです。
 そんなんで、そろそろシオドキか?と引き際の美学が視野に入りかけていた「梅もぎイベント」の方も明るい兆しが見えてきました。
数年来の懸案事項の1つが解消されそうです。

来年は、イベント時の流しソーメン等のランチタイムも、修復途上の古民家の庭先で若い人たちの活き活きの感性に期待しつつ…となりそうです。







2021年09月12日 14時22分

 栗拾い:第3弾 


 曇りの予報が時間とともににわか雨・そぼ降る小雨に。
本日は、長井家の皆さんを迎えての変則栗拾い例会第3弾です。

例年ならとっくに終了してる栗拾い、今年はいつになく期間が長い・・・。
まだ、若干青いイガが枝に残っている、早生種の熟し・落下が可成りは早かったのだが・・・
今迄のように中生種が早く落下が始まる早生種につられることなく、例年並みの時期に熟し・落下が始まりその分収穫期間が長引いたような感じと云うところか?

そぼ降り続ける雨のため、長井家をあてにして畑や種球を準備した目論見が崩れ、ニンニクやワケギの植付が出来ずじまいとなり残念・・・晴れたら、一人寂しくガンバリますワイ。


この後、15日には後期高齢者との自覚のないエネルギシユ&スーパーなパワーの持ち主である例のOB会の三婆達が、後かたずけがてら今季のラスト栗拾いに来登の予定。
これで、今シーズンの栗拾いも終了と云うことになりそうです・・・アッという間の夏の終わり・初秋の出来事なのです。

今季は、コロナ騒ぎで各種行事の自粛の影響もあってか山にも登る回数も多くとれた&8月後半の好天気も相まって栗イガの片づけ・燃しも手がまわりいつもの年より栗林の下が綺麗になりそうです。
 
 栗&只今歯無し家のかほちゃん 今回も、 アツアツの茹で栗を味わう  おまけにミョウガも収穫出来ました  純白が美しい ニラの花

なお、今季、ついに火燃しに目覚めてくれた(?)貴重な人材が誕生してくれたのも・・・大収穫です。

今季めでたくも、ここに遼介君に「二代目火燃し奉行」を襲名していただく運びになりました。

「趣味:たき火、 特技:火燃し、・・・将来は消防士??」なんて、如何なもんでしょうか?



そして、次は、来月晦日の柿もぎです。
これから、柿たちを守るため頭が良くてズル賢いカラス達との戦さの始まりです。 






2021年09月05日 19時03分

 変則例会:栗拾い

 
 いっきに季節が秋に変わりスッカリ涼しくなりました。
秋雨前線の停滞で雨降りが続き、栗拾いや栗イガの片づけもままならない日が続いておりました。

コロナ感染拡大・緊急事態宣言下で変則分割開催となってしまった今年の栗拾い例会。
先週の8/28日には庄司家・篠崎家と榊原家が来訪。(カメラは持参しつつも撮り損ねました・・・ゴメン・ごめんです)

本日は、天気不安定状態のなか、栗田家&井崎家が栗拾いに山に登訪。


分散しての栗拾いのみ実施の9月例会・・・残念ながらみんなで一緒に和気愛愛の調理作業やワイガヤのランチタイムも楽しむと云う当たり前に過ごしてきていたいつも通りの例会でなく、アッサリ感と一抹の寂しさが漂う一時の過ごし方になってますが・・・。

が、しかし、吾輩にとっては、皆さんが3回に分けて栗拾いに来てくれる・・・と云うことは、楽しみも3倍となり・・・更に、一人寂しくの栗拾いやイガ燃しもその分少なくて済むわけで・・・。

悪いことが起きてしまっても、そうした良い一面もあると云うプラス思考・ポジティブ思考でこのコロナ感染拡大の国家的危機状態を乗り越えて、このコロナ感染が終息したなら、自粛&我慢した分も当たり前の楽しみ全開モードにギアチェンジしましょう・・・ヤ。
       
 茹た栗を大ザルに・・はるかちゃんが美味しそうな茹で栗を狙っております・・アツアツは美味にてGood!!  大収穫:よく頑張りました・・・パパたちが  にたたられた栗のイガ燃しも・・中々燃えてくれず悪戦苦闘大苦労の遼介君です。大分コツがつかめたカナ?  

 それにしても、今年の栗は小粒です。
市場に出荷する際には、40g以上を「特大」、30g台を「大」、20g台を「中」、20g未満を「小」に選別して栗ネットに1kg詰めで出しているのですが・・・。
今迄は、「特大が3割、大が4割、中が2割、小が1割」位の按排だったのが・・・。
今年は、今のところ「特大は0⃣、大が3⃣、中が5⃣、小2⃣」のようにワンランクダウンの傾向です。
豊作故にの嬉しい悲鳴と云うところです・・・カナ?

今年は、梅に、プラムに、栗にと実物は大豊作が続いております。
そして今、青い実をふくらましてきている柿に甘夏みかんもかってない位いに沢山実をつけて控えてくれています。

今冬、高圧洗浄機で吾輩が命がけでにっくき「ウメノキゴケ」を除去した効果?

 

 今夏のたわむれ     
 猛暑最盛期中、逃暑行で山に逃げて・・・
 暇つぶしがてらに作ってみました。

 ポツンと一軒家ならぬ小屋のなかに、
 皆さんが山の中のポツンと広場に登って来た時の荷物の保管棚を。
    
 
  
次回からは、是非ご利用くだされ・・・。                               












2021年08月23日 08時59分

 9月栗拾い例会


 もうとっくに立秋も過ぎたのに、今日も蒸し暑い・・・まだまだ夏真っ盛りの青空が広がってる三芳野です。

つの間にかドサクサにまぎれて実施することになってしまたようなオリンピックならぬ利権ピックに強引に突入して更なる取り返しの付かないような大事にならなければ良いのだが・・・と云う吾輩の不安&心配が的中してしまいコロナ感染が爆発的に拡大する一方となり、「自宅療養」と云う名の「医療放置」が全国的展開になってしまってます。

隔離療養しなければならない感染者を自宅放置すれば、家族に・地域に感染が拡大することは吾輩ごときの「ど素人」でも容易に判断できるのに・・・状況はひどくなる一方です。

アベノマスクマスクに始まり・・・迷走し続けるワクチンの確保・・・更に、何かといえば「安心安全な○○と馬鹿の一つ覚え」的に云い続けたり、まともに原稿も読め無いことをも他人のせいにし続けたり、質問にもまともに答えられないなどその能力や人間性に❓のガスー首相・・・。
コロナ感染で、戦後最悪の危機的状況下の日本に続けて最低・最悪な首相や内閣が続き・・・結果ととして、今日の医療崩壊状態がもたらされ、亡くならなくても良い人達が亡くなってしまってる。

大切な税金を既得権益のように湯水のごとく使い、どう見ても国民の命よりも利権をむさぼっている結果が、今日の終息が全く見えてこないコロナの爆発的感染拡大や医療崩壊の現状をもたらしていると言わざるを得ません。





  まだ、下界は真夏だが・・・。

山に登れば・・・確実に、秋の気配が・・・。


8/22の 収穫:8kg

段々と早くなってきている栗の収穫。

それにしても、今年は可成り早い&可成りの豊作で小粒のが多い。
 

 ところで、御多分にもれず、このど田舎の房州地域でもコロナ感染が急速に拡大する一方です。

異常な感染拡大が続いてる現状を勘案し、9/5に予定している『栗拾い&塩むすび・チャンチャン焼き例会』については、次のように変更・変則実施にします。

 ❶ 実施日を 8/29. 9/4. 9/5日に分散する。  初収穫から勘案すると8月末から、ソコソコ栗拾い可能
 ❷ 揃ってのランチは取り止める  弁当持参 or クッキング or 素帰り?

よって、他日への振替え変更可能なfamilyは別日での来訪調整をお願いします。
各家で会議を開催し、相談して来訪日(今回自粛も)&お昼の過ごし方を決めて連絡願います。

なお、山の小屋にある器具や諸道具・・・カセットコンロ、七輪に竹炭、BBQコンロに薪は自由に使用していただいて結構です。   

ただし、流しソーメンは・・・8/1に使用したソーメン台がカビでほぼ真っ黒、故に、孟宗竹の切り倒しから始めなければなりません・・・要望が多数あれば、黒川staffが頑張ると思いますが???

栗の木の下で大汗をかいて、栗のイガ燃しの煙で身体を燻し・・・
   そして・そして、ウイルスを撃退するというNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させて街にお帰りを・・・。









2021年08月11日 20時38分

 草取りディー

 ツィンで襲来した台風の強風&雨で吾輩にもソコソコの中小被害が・・・。

その一つ  間近に迫ってるお盆・・・本日、お墓へのお供え用アスナロや精霊棚の飾り付け資材調達がてら山に登ったならば、案の定です。
9/5に向けて可成りその実を膨らませてくれてきていた栗のイガが・・・かなりの数・・・確実に3桁数のイガたちが・・・落ちたばかりの真っ青なイガが散乱。


その二つ  山のポツンと広場に引いている簡易水道・・・その構造上、大雨の時には湧水の吸水口から土砂を吸い込んでしまうのです。
7月末に、黒川staffと大掛かりに貯水&沈殿槽やパイプの総点検・大掃除をして、8/1の流しソーメンに備えたばかりなのに・・・。
大雨後にはこまめに足を運び且つパイプの中に溜まった土砂の残骸を抜き取っておかないと・・・後で大仕事になってしまうのでフットワークよろしくの心掛けが重要なのであります。
案の定、今回の大雨で可成りの土砂が吸い込まれており、その土砂の抜き取りに可成り手こずり・・・相棒の存在の有難さを痛感させられました。


その三つ  畑やハウスの野菜用に裏山の沢から引いている方の簡易水道・・・真夏の日照り時、近隣のキュウリなどの野菜が水不足で枯れてしまうような時でも一晩中・一日中スプリンクラーで野菜たちに散水出来るので青ナスもキュウリも万願寺とうがらしも、葉月に旬のカボチャやつるむらさき・モロヘイヤのスタミナ葉物、更に吾輩を心地よい気分にしてくれる香りを発散してくれてるハーブのバジルも枯れることなくみずみずしく収穫可能な訳でありまして、貴重な水源設備であるので🐗の支配下区域に心地よすぎる緊張感で潜入してまで整備しているシロモノなのですが・・・大雨洪水の時には、吸水口からしばらくの間、約数百メートルが水の流れの中を這っている構造上、塩ビパイプが流されたり、パイプの継ぎ目が外れたりするのです。
今回の雨後も、蛇口からの水量が極端に減少した為、点検補修工作に・・・猛暑のこの時季はスリル感プラス納涼感にもタップリ浸れての作業となりますので・・・気持ちもソコソコ良いもので、イノシシに吾輩の存在を教えることを兼ねて鼻歌ならぬ小学生おさがりの緊急用ホイッスル笛を奏でながらの復旧工作です。


そして、今年は、アシナガバチの巣が可成り低いので、近くに来る台風が多いというこの地方の言い伝えが外れてくれるといいのですが・・・。
極端な雨や風は、もう沢山です。
程々の適度の量や力に・・・高すぎる気温も困りもの・・・ご勘弁を。

     
 草も大豆も、元気モリモリ ・・・  ビフォーVSアフタ  今月も、名絵手紙に秀句の定期便が  天は二物を与える・・・名絵が描けて、名句が作れるなんて

 そして、昨日は、生涯大OB会の味噌用大豆の草取りディーでした。
日照り続きで地面がカチカチに固くなっていたのでしたが、大雨の功罪で草取りがしやすくなったので、これ幸いとばかりに・・・。

緊急事態宣言下、台風通過後の気温上昇も想定されましたが、強風も残るとの予報もあったので緊急招集・今はやりの強行実施。
ところが、大豆づくりメンバー10名
(味噌づくりのみ参加も少々)、後期高齢者主体故に、当日は病院への通院が3名、既に他に予定あり2名、体調イマイチ1名、で、吾輩を含めて4名の草取り名人だけとなってしまいましたが・・・8:00から2時間半、延べ10時間の作業で可成りの面積が綺麗さっぱりに・・・大豆たちの喜びの声が聞こえてきそうでした。

前回の雨後、草が抜き易い状態時に夜明けに合わせて早起きし、朝日があたる様になるまで・・Am5時頃から1時間程それはそれで気持ちよく過ごせ、ソコソコの満足感を朝から感じていたのでしたが・・・やはり、一人では捗らず・・・草の勢いが増すばかりで・・・降参、仲間を招集せざるを得ませんでした。
が、やはり、一人ラジオを友にのモクモクよりも、気心の知れた気楽な仲間達と”くっちゃべり”ながら”の方が、能率も良く・綺麗に仕上がるようです。






2021年08月01日 17時43分

 ブルーベリー狩り・流しソーメン
 
 
 夏真っ盛り、今日も暑過ぎる一日でした。
これでも、朝日が顔を出す前のAm5時前からAm6時の日の出でまで、何と大豆田で草取り・・・我ながら、あっぱれな一日のスタートでした。

そして、肝心の8月例会の方ですが、早出収穫のAm8時頃のブルーベリーは、まだ冷え気味でチョっと摘まんだブルーベリーは甘く美味しくいただけました。
しかし、定刻収穫時のAm10時のブルーベリーはなま温たかったとか・・・ヤッパこの時季❷Hの差は可成りのものでした。

コロナ感染・緊急事態宣下、職業柄やワクチン接種後遺症の影響等もあって、今例会はブルベリー狩りまでは5家族、山への移動・会食は3家族とかなり少なめのこじんまりムードでした。
しかし、下界は可成りの暑さなれど・・・山の広場迄登れば&木陰の下でそよ風来れば・・・ハンモックも揺れて・・・「♪ ここは天国 ポツンと広場」なのです。
But・・・こじんまりモードなれど、それはそれにて笑顔イッパイ&笑い声もイッパイの・・・楽しい夏の一日が過ごせました。

しかも、この猛暑厳しき1⃣日なれど・・・歩数計は、達成度269%の18,860歩、今夜も爆睡間違いなしです・・・キット きっとです。

     
 本日調理を担当したシェフに・・・おまけの「かほちゃん」 竹の箸づくりに励む親をよそに、ジャガ芋の蓑揚げのパクつきに励むツートップ  チャーシュー炭火焼き・トマトサラダ・新物梅干し・梅味噌づけのもぎたてキュウリ・・・色どりも夏向きにてOK 本日のツートップ「かほand みずき」 
やはり、主役となる可愛い子にはマスクがジャマ?ですワイ
       
芸術家:黒川スタッフ監修のソーメン台:今迄で一番の完成度品 年々腕を上げる流しソーメン道:されど、道は奥深い道なのだ ソーメンの流し方は・・・ムズカしいお嬢たちには年早い?  GO TO 9.5 例会  鈴なりの栗のイガ 台風よ来るな!!

なお、完成度の高いソーメン台、黒川スタッフと二人でソコソコ苦労して作り上げてありますので、沢山の皆さんにご利用していただきたいものです。
ので、夏休み、密を避けて涼を求めて・・・遠路はるばる「家族で流しソーメン」を楽しんで下さい。

ちなみに、来週には今回来れなっかたイサキfamilyが遠路遥々「家族流しソーメン」に来訪・来登山の予定です。







2021年07月25日 03時38分

 ナラ枯れ

 大変だぁー!!てぇへんだ~!!
山のポツンと広場にあるマテバシイの紅葉が始まったのです。
広場の北側を防御するように植えてあり、風よけ&日陰づくりを担ってくれてる5本の大木全ての葉が枯れだしたのです。
目通りから根本の部分に虫が無理やり入り込んだような小さな穴がイッパイあけられております。

房州を代表する樹木であるマテバシイ(房州名:トージ)、どの山にも普通に生えているなじみのある木なのだが・・・。
カシノナガキクイムシが病原菌を伝播(デンパ)することで起きる樹木の伝染病「ナラ枯れ」と呼ばれる現象なのです。
日本海沿岸で流行していたものが4・5年ほど前からこの南房総の低山でも被害が目立ち始めており、一昨年あたりから近くの山でも被害木が散見されだし、吾輩も不安視・心配していたのですが・・・ついに、我が山にも来てしまったのです。
いまのところ、対策はないとされ、昭和30年年代に大流行したマツクイムシによる松の木の立ち枯れに匹敵するのではと云われていますが、その感染スピードは超えて拡大しているのではいう感じです。


   
 ハウスからの遠望:葉が変色している下にポツンと広場が  これで、約半分程度の量もうひと踏ん張りじゃー

 ところで、6月の梅もぎ例会、皆さんが沢山梅の実を残してお帰りになられたので、後始末が「てぇへんだ~!!」なのです。
夏黒スタッフを主力メンバーとする生涯大OB会管理の吉野梅林の梅の実と合わせ「もったいないので」精神で次からつぎに漬け込んでしまった梅干し、梅雨明け後の天日干しもこの暑い中「てぇへんだ~!」なのです。
途中で裏返しにして3日間日干しして、最終日は夜露にあててしっとり感のある梅干に仕上げるのですが・・・。
毎年恒例の楽しみなのですが、大量になると「楽しみ」→「苦しみ」の部分も出現、今年は新記録達成の梅干し量となりました。
幸いにも、今年はなんだかんだで孫の手を借りることが出来てチョピリ助かりました。
我が子達は、手伝ってくれずあてには出来ないが・・・孫たちにはしっかり我が家流の伝統の梅干しづくりを受け継いで欲しいものです。
今年は、かなり頑張って赤紫蘇を一緒に漬け込んだのでかなりの量の副産物の「ゆかり」(ふりかけ)用の赤紫蘇が残りました。
必要な方は、8月の例会時にお持ち帰りください、カピカピに干して粉々にすれば、食欲のなくなる真夏の🍙の具材やご飯のお供にピッタシカンカンですぞぉー・・・。

おまけの「てぇへんだ~」です。
2年前、肺気腫による息切れ対策として始めたヨガ。
あっちこっちの組織に首を突っ込んで何かと多忙な故に『第1期の2年間』だけと云う約束で引き受けたヨガサークルの会長。

ヨガの修練で2年前に比べれば姿勢も良くなり、心なしかお顔も歳相応でなくその辺の同年代の老婆に比べ、老いてもなおお美しい顔や可愛い顔しちよるくせに・・・いざという時には+古希過ぎの塊りになると・・・異常に怖いのです。
「約束」何てなんのその、元気なのに辞めるとは何事ダァー・・・何が何でも続けろ・・と、一致団結し交代させてくれんのです。
辞めさせてくれんとです。

すったもんだの末、負かされ・任されたました・・もう2年間。
台風で、コロナで、ダムの渇水でレッスン場を追い出され代替場所の確保に右往左往したりと、頑張ってやっと中継地点にたどり着いたと云う・・・のに、次のランナーがいないからと次の中継所まで走らせるなんて。

若手の容姿端麗・頭脳明晰な皆さんは、この老爺を優しく丁寧にシルバー扱いでいたわってくれるのに・・・それに反して、半数超えの古希過ぎの塊りときたら・・・吾輩も、もう とっくに古希を過ぎてるんじゃぁ~!  もっと、大事に・・お・も・て・な・し を ‼ 。







2021年07月19日 12時07分

 ブルーベリー狩り&ピザ


 昨日は、南房総でも30℃超えの真夏日でした。
日増しに暑さが勢いづいて来ている感じ・・・であります。

その真夏日に、5月末に5度目の梅もぎイベントへの参加や2回ほどポツンと広場の真夏イベントに参加経験のある松戸市のファミリーと同じく両イベントに参加経験のあるその友人家族の2家族、更に都合で8/1の例会に参加不可の栗田家も加わり❸家族で一足先に「ブルーベリー狩りにピザ」を楽しみました。

       
栗田family:もう、中学生は遊んでくれないか? ブルーベリー狩り・・・ いしやま家 ブルーベリー狩り・・・ はたの家  焼マシュマロ:久々のマスク無し紗希ちゃん、スッカリ可愛くなってて・・・吾輩も嬉しいのです ワイ。
       
真夏青空、豊作気味な栗のイガも見事に映えます。 美味しいピザは、オイシイ顔でおかしくいただきます。 下界は真夏日でも山の広場は快適・やぶ蚊さえいなければだが  今日も旨いゾ~:来夏の梅もぎイベントに・・追加採用決定??

長期予報や昨今の傾向からすれば、コロナピック真っ盛りの8/1も真夏日も確実かと思われます。
流石に海が近い南房総ゆえに35℃超えの猛暑日は経験ナシ・・・今夏もそこ迄には達しないと思うのですが・・・。
が、多分、全国各地で「熱中症警戒アラート」が発出されることでしょう・・・。

常日頃、外作業で鍛えている吾輩でも真夏日の日中真昼陽盛りでの1Hの作業は・・・気持が悪くなる事もある位いにかなりこたえます。
よって、これからの時期は外が明るくなる5時前からAm9時位までに一仕事済ませ、それから朝食休憩→山に逃避、木陰でアリバイ的軽作業⇒ハンモックで2~3Hも昼寝するパターンが真夏の理想的傾向なのであります。

ですから、日中の外作業・外遊びに慣れていない&クーラーのよく効いた快適な中で過ごされている鍛え方不足の皆さんはできる事なら・・・👇
超早起き、超早出&30℃前にブルベリー狩りを済ませ、早登りで:集合②の11時までは、ハンモク朝寝坊で熱中症気味の人達を待つという夏休みお勧めのコースをお試しあれ~です。
真夏には、いくらでも朝早い受け入れOKです・・・    老人特有の早起き好きの夏黒スッタフがしっかりと対応しますんで・・・。












2021年07月13日 03時17分

 種まき&ぴざ


 今年も、また・・・です。
九州や山陰・中国地方・日本海側などアッちこっちで線状降水帯が出来て大雨・避難騒動が発生してます。
毎年のようにです・・・何とかならんか? 何とかせねば・・・!!。

 ところで、百姓塾の方はお休み扱い(来年2月には再開予定)になってる味噌づくり。
生涯大OB会の面々との味噌づくりは高齢化の進行に伴い脱走・脱落者がふえてきていますが・・・何とか続けています。
そのOB会の方の味噌づくり用の大豆の種まきを11日のサンデーに行いました。
天候不順にて田んぼが耕運機での耕運無理状態が続き、当初の予定を順延せざるを得ずとなりやきもきでしたが・・・。
大豆も麹も手作りのストーリー有る本物級の「手作り味噌」づくりのスタートです。

しかし、幸いなことに、今回からヨガサークル会員3人が仲間に加わりました。
昨年、南房総市の「公民館講座:まちの先生」に登録し味噌づくり講師を依頼され担当する事になった事をヨガのレッスン時に話したら絶対に参加したいとの意向を示してくれてた人達なのノデス。
今年は、このコロナ感染禍で味噌づくり講座は中止となりました・・・が。
同じく、コロナ禍で中止にした百姓塾の味噌づくり用に山形から取り寄せ済の大豆が有ったので、この人達と一足遅れの春本番の4月に公民館講座での予行演習を兼ねて「ど素人相手の味噌の仕込み」をやってたのでした。

何だカンダで、老人会の青年部的女子3人が加わってくれたおかげで大豆の種まきも総勢8人で賑やかに・・・。
新芽大豆が大好物な野ウサギ対策のネット囲いや蒔いた大豆を空から襲撃に来るカラスやハトなどの鳥除け様のキラキラテープやテグス張りも含めて小一時間でアッという間に終えることが出来ました。
ヤッパ、数は力なりです。

 作業終了後は、これまた恒例のお楽しみ会 ⇒  今、修練を重ねてる、ピザ焼きです。
と、張り切って想定して準備したピザ用食材なのですが・・・。
当日、ワクチン接種や接種後の体長不良や種まき中に熱中症気味になったりで、お楽しみピザ会への参加者も半減状態に。
しかし、幸いなことに、ナント、その日に百姓塾のレジエンド:鴨川のマコ様がご友人たちとブルーベリー狩りに来ていたのです。
お誘い申し上げたところ、後から賑やかに山に登ってきてくれました。
そして、ナントなんとその賑やかメンバーのなかにピザ好きのご友人が含まれており、このピザ好きご友人がこれまた生地作り・生地延ばし&生地へのトッピングがお見事なのでした。
この方が見た目も綺麗に仕上げた作品を見本に皆で上手にピザづくりが進みました。
日本人は目で食べる・・・見た目が綺麗だと美味しく感じる傾向が・・・ちなみに、おフランス人は鼻で食べ、中国人は舌で食べるとか・・・。

しかし、問題は・・・、懸案事項は・・・「肝心の焼き」です。
毎年恒例実施の「パルシステムの梅もぎハイク&流しソーメン」イベント・・・マンネリ化防止の魂胆でメニューにピザ焼きも追加したら・・・きっと参加希望家族も増えるのでは?? 
キット遠路遥々参加ファミリーにも喜ばれるのではと虎視眈々と想定中なのですが・・・。

唯一の不安材料がこの「焼き」なのです。
もっと失敗を&修練重ね・・・失敗は許されない!上手く出来て当たり前!!・・状態を作り上げておかないとならんのです。
今回は、火燃し好き&焼き専科の夏村スタッフがワクチン接種後の体調不良でダウンして不参加なのです。

で、黒川スタッフが猛暑のなか、暑さ&熱さに負けずに挑みみました・・・。
最初の2~3枚は外側は焦げても・・・何故か? どうしても真ん中が半生的となって焼き直しに・・・なってしまうのです。
が、しかし、伊達に喜寿を超えておりませんでした。
失敗・反省・学習で4枚目位からは上出来・・・ほぼ完璧にピザが焼き上がるように・・・皆さんから称賛されるような出来映えに。
土産に持ち帰えった冷めたピザも我が家の孫たち絶賛ランクの旨さだったようでした。

これならば、パルのイベント時採用も夏・黒コンビにピザ焼きが任せられ・・・そうですワイ。






 よって、此処に・・

 黒川スタッフ殿には、『ピザ焼き道 初段』 を認許致します。    
                         2021年7月11日   南房三芳・村のしろうと百姓塾 
                      



 イッケン、意見順調に進んでいるピザ道なのですが・・・。
只タダ、気になっている不安材料が・・・それは、まだ、吾輩は一度も一枚も焼いたことが無いのであります。







2021年07月06日 21時53分

 SDGs・ESD

 今年も、また・・・です。
熱海市伊豆山で大規模な土石流が発生し、大災害が起きました。

梅雨末期の梅雨前線の停滞・線状降水帯形成による豪雨・長雨が原因の災害は今年で5年連続とのことです。
南房総でも、一昨年にかって経験した事の無いような台風被害が発生し大変な経験をしました。
いまだに手つかず&諦め放棄状態のところも数多くあったりで、まだまだ復旧途上の面もあり他人事ではありません。
行方不明者の早期の発見や早いライフラインの復旧・日常生活再建が出来ることを祈りたいものです。

こうした大災害が毎年のように起きていることの原因として、気候変動と環境悪化が地球規模で進んでる事が言われています。
毎年、こうした大災害が発生ている現状・・・解っているのに何とかならないのか?
何とかせねばの想いも年々強くしてる吾輩なのですが・・・。
そして、これからそんな災害発生時期に入ろうとする過日(7/4)、「SDGs・ESD公開フォーラム」が富浦元気俱楽部で開催されました。
チャレンジ事業でお世話になってる市民生活課とNP0法人の「環境パートナシップちば」から〔環境団体:しろうと百姓塾〕にと重複のお誘いがありましたので参加し勉強してきました。

紛争や難民、貧困や飢餓、温暖化やエネルギー問題などなど数多くの地球規模課題が深刻化しており、地球上の持続可能性を脅かす脅威を何とかしなければ・・・。
地球の限界+人権の危機=人類の生存危機 の同時解決の為に2015年の国連総会にて、全加盟国の賛同により採択されたのが『持続可能な開発目標 SDGs』、そして、『持続可能な開発の為の教育が ESD 』とのことです。

主催団体の「環境パートナーシップちば」は環境活動の推進と充実を図るため、市民・団体・企業・行政・学校とのパートナーシップのもと「持続可能な開発に向けた目標(ESDs)」や「持続可能な開発のための教育(ESD)」の視点を意識して、更なる持続可能な社会の実現をめざして1997年に設立し、2018年に法人化し、更に活動の展開を目指しているとのことです。

どうも環境大臣や首相始め昨今の政治家は、頭やその資質に{}が付き、私利私欲に頑張り過る自分ファーストの輩が多すぎ何とも困ったモンですが・・・。
このように環境問題を始め世の為・人のために活動してる人や団体も沢山あることを知っただけでも参加した甲斐があったような気がします。

吾輩も、よる歳なみに負けずにささやかでは有るが里山を守ることにこれからも自信をもって頑張らねば!!!と決意を新たにした次第です。


 ところで、先日の大雨・洪水で山あいの沢から引いている農業用簡易水道が断水状態に。
水量も減った本日、イノシシたちの支配下区域に潜入し復旧工作を・・・吸水口を始め数ヶ所が流され想定通りの大工作となってしまいました。
真新しいイノシシの足跡も残る区域の沢・・・適度の緊張感に浸りながら3時間位かけて何とか修理も無事完了、今簡易水道の蛇口から山の水が気持ちよく流れてくれてます。

PS. いつもと違ってなかなか帰って来ない&携帯もつながらない⇒イノシシ対策の為携帯ラジオのボリュームを上げ作業集中していたので電話に全く気付かず状態だったので・・・。
「何かあったか? 異常事態発生?」・・・と不安感じたカミさん⇒近所のおっさんに捜索を依頼したようで、受託者が何故かスッコプを担いで上がってきました。
万が一の時には、スッコプを武器にイノシシと戦うつもり・・・だったのか??





2021年06月25日 20時54分

 ドングリおじさん


 夏至も過ぎ、晴れて暑過ぎる日が多くなってきました。
これからの時季、30℃超えの予報日は暑さに逆らわず、山の栗の木の下でハンモックに揺られながらの昼寝タイムを過ごすに限ります。

それにしてもです、やっとです、やっとのことで過ぎた23日に第1回目のコロナワクチンの接種を済ますことが出来ました。
このワクチン接種、確か高齢者は4月にはスタート出来るから安心しろと自信ありげに声高に吠えていたが・・・。

今日のこの危機的状況下にこの国を動かしている者どもは、アベノマスクに始まりドタバタの&後追いの&不始末な対応に終始しておって・・・何とも情けなき・嘆かわしき限りです。
そんな嘆かわしき状況下の元で、いつの間にかドサクサにまぎれて実施することになってしまたようなオリンピックならぬ利権ピックに強引に突入して更なる取り返しの付かないような大事にならなければ良いのだが・・・。
招致段階では、予算規模が7,000億円のコンパクトな五輪にすると云っておきながら、いつの間にか3兆7000億円もかけてしまっているとか。

一方では、コロナ関係の休業補償給付金はいまだにほとんどの飲食店に届いていないとか・・・。
森友と云い、河井への1、5億円と云い、更にはオリンピックで悪どく稼ぎまくっているという竹中平蔵と云い、+etc どうもこの国の貴重な税金の使われ方は明らかにおかし過ぎているようです。



ところで・・・

♪ ピーヒャラ  ♪ピーヒャラ 
パッパ パラパァ ・・・ お鍋の中から ぽわっと・・・ドングリおじさん登場(^^♪♪  です。


とある縁で、知り合うことが出来た「ドングリおじさん」と呼ばれるお方。
山の木や枝にドングリやカボチャやスイカの種やなどを細工してチョットした可愛い置物を作っておられるのです。
道の駅「保田小学校」などでも実演会なども実施しているようです。

そんな面白そうなことをやっておられる旧冨山町在住の通称「ドングリおじさん」なる人物が8月例会に来てそんな手作り細工を教えてくれることになりました。

現在足を痛めてリハビリ中故に、事前に一度現地(山の広場)迄登てみたいとのことで、昨日様子見がてら一緒に登りました。
登り道を含め山の中のポツンと広場がスッカリ気に入ってくれた様子で「いいところですな~」と何度も言ってくれました。
そんなんで、良い子たちの夏休み中の8/1には作り手の感性による世界に一つだけの置物の想い出づくりも楽しみに登ってきてください。



本日のおまけフォト
     
 栗の木の枝にイガがイッパイふくらんでくれてます。  種からのマダーボール1号・・・順調に膨らんでくれてます。  「枇杷すゝる 親子三代 誕生日」 流石・・名人の句です。






2021年06月14日 22時47分


 梅もぎ例会

 おっととの一日違いでした。
例会日和で暑すぎずにこの時季にしては快適に一日過ごせ、1週間延期して正解だった昨日と違って、今朝は👀が覚めたらショボ降りの雨が・・・作業開始時間の10時頃にはソコソコの雨降り状態・・・危ないアブナイ。

そして、6月例会日は22,366歩の新記録樹立の一日でした。
歩数計を使い始めて丸3年、平均が8,275歩ですから・・・山の上り下りも含めて故に可成りの記録です。
そんな数字も残る程のくたびれ感と無事に終えた安堵感からかPm8時には爆睡状態に・・・今朝6時まで、タップリの「寝たゾォ~」満足感が・・・味わえました。

       
 やや熟し気味プラス鈴なり状態の梅、シートを広げ揺すり落し土手下に集める作戦に  木登り好き?のお転婆さん・・・もしかして、お🐵さん歳生まれ? 鈴なりの大豊作の梅:一本の梅の木で満タン篭5個、記録的収穫量です。・・・緊張のムズカしい顔よりスマイルスマイル  美味しいピザは、生地作りが勝負なのです!
       
 ピザにニンニクのホイル焼き、ジャガバタ、小ジャガの素揚げに揚げ餅、ビワにサクランボ、プラムにマシュマロ焼き・・頑張りすぎか?  良い子たちのバードコールづくり:次の例会では誰が一番小鳥たちを近くまで呼べるか勝負です。  3/7の復活例会で栗田&中本家の皆さんでと植えたキタアカリの種芋10キロ更に追加の+α:収穫時は15倍になると・・・ゆうに200キロ超えも大勢でワイワイと掘れば・・楽勝だ  大収穫のジャガ芋に梅、それにミカンにニンニク・玉ねぎの山分けも大変なのに・・後方は座り込みを決め込んだお疲れモード満載の老人会組

今冬、不覚にも梯子から落っこち、その結果頭蓋骨に穴をあけると云うとんでもない手術受ける羽目になった原因の「高圧洗浄機でのウメノキゴケ除去」、其の成果か、今年は梅にプラムが記録的豊作です、梅は鈴なり過ぎて例年に比べ小粒が多かった程に。
他にも、甘夏みかんの川野柑や栗の花も異常な位な満開状況でした・・順調に育ってくれればこっちも記録的になるかもかも⁈
キット、樹皮にこびりついていた障害物を剝がしてやったことに喜び応えての恩返しの意味で満開に花を咲かせ生理落下もさせずに収穫期まで頑張ってくれたのかと・・・想いを馳せる吾輩なので・・・すが。

ところで、前回、1週間延期したことにより夏野菜達が収穫サイズになるかもとお知らせしておきながら・・・見込み違いで収穫サイズ一歩手前でした。
もう1週間過ぎれば・来週あたりからはインゲン・キュウリ・ズッキーニなどの夏野菜が・・・。
更に、7月近くなればトマトや青ナスにマダーボール・カボチャ達までも収穫出来るようになる見込み(?)なのです。

よって、次のブルーベリー狩り・流しソーメン例会(8/1)までかなりの期間がありますのでそれまでにコッチ方面に出かける機会があれば立ち寄って・・・夏野菜たちを収穫してやって下さい。








2021年06月06日 21時55分

 ドタ延

 4月の新年度スタート例会時のオリエンテーションでは、中止・延期の時には前日20:00までに決めて連絡しますと周知しておきながら・・・。
当日の早朝に1週間延期の連絡することになってしまい・・・何とも申し訳ございません。

6月 水無月になりました、青モミジが楽しめる季節です。
雨の季節です、入梅のこの時季・毎年の事ながら気をもまされています・・。
例会実施の可否判断・・正解に不正解もありで・・・。
前日が汗をかくほどの良すぎる天気だったので&梅の明るみ状態を見ると実施したい気が勝って判断ミスに・・・。

でも、結果論ですが、取り止めて正解でした。
朝からパラついていた小雨が10時~12時の間には強雨の三芳野となりました。
「奇跡的に三芳野だけは好天気に恵まれて」と云うことにはなりませんでした。
雨合羽着用で滑り転げ落ちながらも梅はもげても (?)  ジャガイモ&ニンニク掘りの方は・・・とても無理でした。

      
 6/13に向けて塾の南高梅も優しく色づき始めてました(6/1写)  栗の花(?)にイガの赤ちゃんが誕生(6/8)  コンニャクも芽が出始めました。(6/8)
 
 長期予報によれば、明日から当分の間は曇り&晴れが続き13日も曇り&晴れのようです。
できる事なら、梅もジャガイモもニンニクもコンデションが良い状況下で和気あいあいと仕掛かりたいものです。

更なるプラス材料としては・・・一週間延ばしたことにより、山のプラムも明るんで食べられるようになるかも&今回には間に合わなかった山形のサクランボも届きそうです。
更にさらに、かき揚げの食材にインゲンがプラス出来るようになろうかと。
そして、キュウリやズッキーニの夏野菜も収穫サイズになってくれる?カモ。

でありますから、楽しみが一週間延びた・・・延びたことで楽しみも増えたとポジティブにとらえていただき、13日のサンディには梅雨の晴れ間の三芳野の青空下で心地よいそよ風も期待して、皆さんの笑顔を楽しみにお待ちしております  ハイ 。









2021年05月31日 4時16分


 梅もぎハイク


 6年目を迎えた生涯大学南房学園33期OB会との共催実施の「パルシステムの広がる企画・梅もぎイベント」
天候にも恵まれ無事終得る事が出来ました。
昨年に続きコロナ禍のなかで会食はNG・・例年のように「流しソーメン」等を楽しむ事は出来ず、梅もぎハイクのみ(希望者には、おまけでの野ブキ採りも)となり、更に実施日も3日から2日に縮小しての実施とせざるを得ませんでした。
企画検討&パルシステム担当者との折衝段階ではこのコロナ禍で果たして実施できるのだろうか?の懸念もあったのですが・・・。

とは言えど、此処の立派な梅を気に入ってくれて毎年来てくれてるリピーターもいることあり、コロナに関係なく今年も梅の木はその実を沢山実らせていてくれているので・・・。
状況次第では直前中止も視野にビクビク感満載で準備を進めて来たところでした。

1家族5キロの梅の収穫、追加収穫も歓迎・・・だったのですが、5/29来訪の3年目の鷺沼さん家族はなんと25キロも追加の「白加賀 30キロの梅もぎ」を・・・梅干にするというが・・・すごい!すごい!・・・まさかの商品化???
そして、5/30には5年目の石山家も9.5キロもの追加・・・帰ってからの梅仕事が大変だ・・・だっちゅ~の に・・・。


 梅干の酸っぱさは唾液分泌を刺激する。唾液には食欲増進や殺菌効果があるだけでなく、赤ちゃんのヨダレと同じ成分、プロチンと云う若返りホルモンも一緒に分泌する。その他にも、ポリフェノール類による糖尿病の予防作用・血圧上昇を抑えて動脈硬化を予防する効果、カルシュウムの吸収を助ける働きも大とか


そして、不順気味な天気も含めて、色々と心配事も多でしたが、幸いなことに天候にも恵まれ2日間で13家族40人が楽しんでくれ、この梅林梅のファン増にも繫がった様子・手ごたえも・・・。

ヤッパ、大勢の人の喜びの顔が見れ・喜びの声が聴けて不安にも負けずに取り組んで良かったと今年も携わったスッタフのやりがい&満足感も可成りのものでした・・・ちなみに、お疲れ感も(皆のワクチン接種が終わるまでは、反省・慰労会も当分はお預けになりそうなこともあってか?)
       
 5/29 3年目の 石崎家の兄妹・・・一期が三会に  若返りの為に梅干を・・・です  5/30 5年目の石山家のお転婆さん ・🐵さん年生まれ?


 そして、1週間後に控えてる肝心の百姓塾の例会の方なのですが・・・。

どうも今年の梅雨入りがかなり早そう・・・来月3日ごろには関東地方も梅雨入りの予報が・・・。
「梅雨の一雨、梅の毒消し」の我が家の言い伝えも参考に、今迄は入梅後に設定していた梅もぎ例会。
しかし、昨年は入梅後の14日実施の大雨降りで大変だったから・・・今年は梅雨入り前にと早めたのに・・・。
外れて欲しい予報によると、3~5日の降水確率が100~80%、6日も曇り一時雨とか、かなりのコンデション不良となりそうですので・・・それなりの心の準備をお願いします。

更に、気になることが・・・。
今年はアシナガバチの巣が異常に低い・・・。
既に、吾輩がみっつ・カミさんがふたつ作りかけたばかりの巣と蜂を退治したのだが、全てが地上10㎝位のハウスの下部パイプなど超低め。
昔からこの房州地方では「ハチが低いところに巣を作る年は台風が多い」との言い伝えが・・・昔から脈々と言い伝えられてる格言的なモノは可成りの高率での『 
🎯 』が多い気がするので気になるところなのですが・・・。
更にさらに、今年は「春先から蝮(マムシ)が多い」と云う声が・・・吾輩も既に一匹大きめの奴を退治しておりますし・・・十二分にご注意を。
尚、滋養強壮&解毒作用に効能ありと云われてる「マムシ酒」を作ってみようという方がおられたら早めにご連絡を・・・頑張って、生け捕りにしてみますので。
ちなみに、6日のランチメニューにもう一つの滋養強壮効果期待:居酒屋メニューの「丸ごとニンニクのホイル焼き」を追加しました。

では、では、例会日に爽やかな初夏の風吹くなかでの梅もぎやジャガイモ掘りや直前追加のニンニクの収穫が出来るようとなるように念じつつ向こう1週間は眠りについてくだされ・・・みんなの念が通じれば、 奇跡的に「南房総三芳野だけは好天気に恵まれて」と云うことになります・・・から。

                                                       






2021年05月14日 21時25分

 やっと ワクチンが


 やっと、コロナワクチンの接種券なるものが郵送されてきました。
我が南房総市の高齢者は集団接種が6/20から始まるそうです。

以前、河野ワクチン担当大臣は高齢者のワクチン接種は4月には始まると声高に叫んでいたはずだが・・・。
この大臣、将来の首相候補の一人と云われているそうだが、過去には反原発的な主張をしていたはずだが内閣に取り込まれたら途端に口をつぐんでしまったりと、ごまかしや平気で嘘をつくことに罪悪感を感じていないよう人種の様であり、その言葉は場あたり的&他人事的にて、俗に云う「口先人間』の類?・・・吾輩評価では、信用度数ゼロなのですが・・・。

そして、そのボスである肝心の菅首相の方も気に入らないと書類を投げつけたり、気に入らない人間を遠ざける・ 飛ばしてしまったりするようなパワハラの権現のような正体が漏れ出してきており、こんななさけない器の人間がコロナウイルス対策の指揮を取っているのだから・・・まともな官僚を遠ざけお気に入りだけに囲まれてる=ハダカの王様?状態でコロナ感染拡大に対応してる・・・当然の結果として、先進国の中で最低のワクチン接種率となり、アタフタの・ドタバタの後追い事態に追い込まれてしまうのだろうか?(接種率は世界110位前後・・明らかに後進国レベル 5/17 追記))

それに、オリンピック実施にこだわるのだら、米国に出かけ折角バイデン大統領と会う機会を得たのだから、オリンピック開会までに国民の大半がワクチン接種が終了するように国内メーカーで大量のワクチン製造を可能にするなどの方策を決めてから帰ってくるなどもっと賢い段取りが出来ないものか?
壊れたラジオのように「安心安全な日本」と答弁を繰り返すしか脳が無いのかと揶揄してる声を見返そうとするくらいのこころ意気を見せて欲しいのだが・・・。

国民のコロナワクチンの接種も諸外国に比べても大幅に遅れているうえに、真夏の炎天下にオリンピックをなんとしても実施しようなんて、ボランティアは熱中症の危険と隣り合わせの中でマスクをしてコンクリートジャングルの中でボラ活動??・・・吾輩には狂気の沙汰とか思えない。
それでなくても既に大感染中の大阪では入院の必要な患者10人中9人が自宅待機とか・・・。
その大阪・・・コロナで亡くなる人の数が、人口割合で比較してみると大規模感染拡大中のインドよりも死者数の割合は多くなってしまてるとか。

情けなくなる位にワクチン接種も遅れてる日本の真夏にオリンピックを行えば、救急搬送も当然にして増えるだろうし・・・これでは医療関係者の負担は増えるばかりで当然にして大坂のような医療崩壊も拡大するだろうし・・・更なる取り返しようのない危機的状況の出現を危惧するのは・・・吾輩の取り越し苦労で済めば良いのですが。

ガスー首相には、「安心安全な日本」を口先だけで軽々しく繰り返し答弁するだけでなく、具体的に施策としてしっかりと行って欲しいものです。

無責任・他人事・間抜けと避難ゴウゴウの現状を見返さんと・・・例の「森 喜朗」の史上最低内閣支持率の更新なんてなり兼ねない・・・よりによって、経験した事の無いような・考えられなほどの未曾有の日本の危機的事態に、よりによってこんな人間が首相だなんて・・・どんどん「まともさ」が感じられなくなってる・・・情けなくなりますワイ。

このまま無理進行させれば、東京五輪は「一大コロナ感染 イベント」になってしまう可能性が大きくなるばかり・・・では?
       
ミカンの花が見事な満開・・・芳しい香りが辺り一面に漂ってます  栗の新梢:もう少ししたらここに花が咲き、実がつく  6/6の梅もぎに向けて着実に膨らみを増してくれてます。  例によって・・・例のごとく・・・お見事なり。

5/12、黒川sと足湯・石窯の補修正や薪割りや草刈りに山に・・・。
夏村sは、又もギックリ腰にてダウンです・・・年はとりたくない。

山は、確実に夏に向かい木々も雑草も緑が濃くなって来ており元気ハツラツでした。
山でのんびり一日を過ごし、山の緑から元気を分けてもらい気分も爽快にて降りてきました。







2021年05月05日 20時43分


 石窯・足湯 設置

 
 5月に入り一段と動きやすいくなってます、心地よい活動の季節です。

それを裏付けるように歩数計が、5月に入ってからの1日の平均歩行数が13,527歩、ちなみに、例会日は19,761歩でした。
最近の月平均歩数・・・最少は、手術・入院した3月で6,949歩、2月が7,139歩でしたから、倍近くの歩数になっているのです。
数字は正直ですね、朝明るくなるのが早く夕方暗くなるのが遅くなってきているので活動時間も当然にして長くなっていることもあるけど・・・ヤッパ心地よく動き回れるのが一番の要因ですね。

       
 新玉ねぎ焼きの準備しているのは・・・だれだー誰だぁ?  タンドリーチキンを焼いているのは・・・だれだー誰だぁ? 初焼きのピザ ・・・予定通りに『旨い!!』  この時季、人気ランキング1位はブランコを抜きハンモックに
  掲示板の方に、カメラマンを依頼したイサキ

さんがいい写真を沢山載せてくれ
たので、こちらの塾だよりとそちら

の方も並行して見てくだしゃんせ。 
                   
   
今回のメニューは ピザ・タンドリーチキン・茹で空豆・焼き空豆・お好み焼き風玉ねぎ焼。
、デザートはバームクーヘン、差し入れの柏餅
              挑戦:チェーンソー・・我が輩とのコンビも11年目、眩し過ぎる18才になった千晶さん  挑戦イサキさん・・チェーンソーがことのほか似合ってます。
 
 昨日は、見事なまでもの五月晴れ、風も心地よい例会日和の一日でした。

当初の行事予定になかった追加の例会にもかかわらず6家族も、早出❸家族での空豆の収穫を手始めに・・・。
「お手製のピザ窯でわくわくランチ」のチラシに誘導されたピザ焼き用石窯づくり&BS朝日の「大人の楽園 昇太の秘密基地」に触発されて夏村Sがその気になったドラム缶を使った
足湯づくりも・・・寄ってたかって順調に出来てしまったようでした。
ちなみに、足湯に入れた温泉水は、「単純硫黄泉」・・・その効能は、疲労回復などと美肌&肌の若返りに効果あり?.・・・とか

早速、焼いた試し運転のピザも「おいしい!!」・・・生地からの沢山の手によるお手製ゆえの美味しさでございましょうか?
皆さんお好きそうですので、これからは時々、メニューにピザ焼きを入れて・・・「ピザ道」を極めるために精進しましょう・・・デス ワイ。
なお、今回設置したポツンと広場の百姓塾の石窯や足湯は塾の皆さんのモノです・・・ですから、例会以外での使用もOKです。

塾の会員家族が主催するなら、ご家族や友人たちとピザ焼きを楽しんで下さってもOKです・・・ただし、使用した分くらいの薪割りのご奉仕をお願いします。
ご希望なら、焼き職人も提供しまず。
とりわけ、いつの間にか大学生になってたちあきちゃんでなく千晶さん・・・お仲間の女学生をイッパイ引き連れての来訪を心待ちにしておりますゾ。








2021年05月01日 04時53分

 採 択  

 今日から5月、『皐月』です。
皐は田の神様のことだそうですが、5月になると春の強い風も気温の寒暖差も治まり野菜や花の苗を定植する適期にもなるんです。

ホームセンター等の策略にのせられて、ついつい早めの適期前に植え付けた苗が、強風や寒暖差で痛めつけられその修復に頑張らさられていたり、苗を再購入・再植え付けしたりをよそに、これからの定植適期に植え付けた苗は気持ちよく根を伸ばしスクスクと成長し適期前の4月に植えた苗をアッという間に追いつき・追い越して大きくなってくれるのです。
                                                       
何事にも、適期は大事なのです。                                 
ですから、親子で森林浴を楽しめる適期に我が百姓塾の仲間に入られた皆さんは・・・大正解なのです。
家族揃っての森林浴は、頭の良い賢い子が育つ・・・そのような研究結果もあるそうですから。
(なんせ、お子達の成長も早く、アッという間に一緒に遊んでくれなくなりますから・・・ですよねー? マコ様&なか様)

 ところで、過日紹介した南房総市「市民提案型 まちづくり チャレンジ事業」
市民と行政によるまちづくり進めるために市民活動団体から提案事業を募り、優秀な提案事業を行う団体に経費の一部をサポートするというシロモノで、我がしろうと百姓塾も3年目のチャレンジ提案したものなのですが・・・。

タケノコ掘り例会前日の17日に「公開プレゼンティーション」で審査されその結果が届きました。                   
『付帯条件:無し 、審査委員のコメントを活動の参考にされたし。』とのことで採択されました。
こうして良い報告が、皆さんに出来るのも黒川sの
カラオケで培ったマイク使い&スポットライトのあたる快感に酔いしびれながらの提案プレゼンが素晴らしく良かったおかげかなと思います、ありがとうさんです。


その参考にせよと云う審査委員のコメントなるものは・・・👇。
 ~ 南房総の里山の恵みの収穫&田舎のお楽しみ体験 ~  :南房総三芳・村のしろうと百姓塾
魅力を感じる点 
 * 一過性のイベントではなく、家族全員で継続的に楽しめる点が素晴らしい。

 * 里山保全と田舎体験による交流。コロナ禍で、人を集めるのも、感染対策をとるのも大変だと思いますが・・・
   チャレンジ事業も最終3年目となりました、今後も続けられるように頑張っていただきたい。

 * 里山と都市部との交流

 * 特定の8家族が田舎に年8回も訪れ四季の恵みを受け、非日常(田舎)を満喫する。会員が参加者から元気を得ている。

 * 都市部親子と地元集落有志との交流を通して房総の里山保全とその有効活用に務めていること。
   単なる客としての体験ではなく主体的に作業体験をする取り組みは必要。
 改善を要する点
 * 特定の利用者に限らないことと利用者の裾野広げる工夫が必要。

 * 会員拡大、事業継承(次世代育成)の取組。

 * 参加者の募集を広く広報し、固定した限られたメンバーの特権にならないように工夫が必要ではないか。
 付帯条件
 無し

 と云うことですので、折角の審査委員の皆さんからいただいた貴重なるご意見ですのでこれらを参考に更なるレベルアップをと云いたいところですが・・・。
スタッフも全員が既に「人生下り坂」世代なので・・・ソコソコ怪我をせぬよう細く頑張りたい・・・ものなのです。
ですから、人生まだまだまだこれからの塾生の皆さんヨロシク・・・お願いいたしますワイ。

                                                  

 
 梅 今年も 豊作&順調に 👆                      5/1現在





 5/1 2021年度 第 1匹目  蝮退治                                                                                                                                                                                                       
  
                                                                                                   
                                                           







2021年04月26日 09時23分


 学校備品販売会

 過ぎた24日(土)に館山市教育委員会主催の表題の販売会なるものに行ってみました。

9時半開始とのことで、少し早めにと8:45に夏村sと待ち合わせカミさんと3人で会場の館山三中に行くと既に可成りの人が・・・。
いただいた整理券が141番、第1回目の入場が200番迄とのことで何とか最初の組にもぐり込むことが出来ました。

吾輩達の狙いは大容量の寸胴鍋だったのですが、残念ながら見当たらず・・・事前に他の公共施設に廻ってしまったか?

コロナ禍なのに、備品置き場の教室はドコモかしこもごった返しの危険極まりなき状態に、制限タイムの1時間で販売備品はほとんど無くなってしまってた様子でした。

それでも、カミさんと二人で頑張って塾で有効活用出来そうな写真掲載のものを確保。
(途中で、夏村sがはぐれ行方知れずに・・・ラストに出口で合流)

戦利品は・・・『大ザル2ヶ 大ボール2ヶ 大かご2ヶ ふた付きバケツ1ヶ 網篭1ヶ 給食用ランチプレート30枚 小お椀5個』・・・締めて、1,200円也の超お買い得でした。

ちなみに、夏村さんも椅子やバケツや・・・そして、何故か凶器の「鉄アレイ」やカボチャの置物まで買い込んでいたようでした。

これからは、これらの学校の給食備品を活用してのお昼を過ごすことに・・・よってこれから塾の「ランチタイム」は名称変更し「給食の時間」となりますゾ 











2021年04月18日 19時42分


 新年度スタート

  前夜の暴風雨が過ぎ去り、日差し眩しき日なれど・・・風 いと強しのタケノコ掘り例会でした。

それにしても、子供達の仲良しなり加減が半端なく早い、いつもの事ながら今年もアッという間の出来事でした。
山の広場に到着するやいな、先輩が新人を引きずり回し、ブランコにハンモックに遊び廻っていた様子でした。
『仲良きことは、美しきかな』・・・案ずるよりも何とかで、毎年の事ながら感心しながら見ていられます。
小さくとも・大きくなってもどんな人と知り合いどんな縁となるかは人生の重要ポイントですから。
「出会った縁を大切にして生きれば、必ずツキが回ってくる」(笑福亭 鶴瓶 談)・・・吾輩にとっても、まさに『ロック オン』ですね。
この百姓塾が、まさか16年目のスタートを切れたのも・・・「出会った縁が」良かったからの世界なのです・・・そうした縁をもたらしてくれた人々に感謝感謝です。

そうした想いをもって、16年目も昨年以上に、「面白・おかしく楽しく」取組んでいきたいと思いますので、皆さんからのアドバイスもヨロシクです・・・ワイ。



 
   
 New ファミリー・・榊原家 初筍掘り・・明日は筋肉痛に New ファミリー・・・長井家、フライング企画に続き2度目の挑戦  本日の掘り出し数 30本弱?・・イサキ親子に黒川Stfこの後この筍たちは、整形しヌカ入り寸胴鍋で茹で揚げ・・お土産に  
       
 初薪割り: 見てると簡単そうに見えるのでしょうが・・・ コツさえつかめば・・・面白く? ・スッカと気分爽快に?  春本番の日差し眩しきなか、強風にも邪魔され、苦労のクッキングにランチタイム・・子供達のパクつきぶりはすごかった!  空豆のさやが空向きから下を向いてきました、ソロソロ収穫期。5月追加例会ごろは収穫の最盛期? 初ピザに使えるかナ?  こっちは、6月梅もぎ例会時の新ジャガ掘りに向けて、元気よく順調に育ってくれています。

 ところで、初筍掘り組の皆さん・・・タケノコ掘りは如何でしたでしょうか? 思っていた以上に???だったりして。       

筍は、鮮度が命であると云われております。
時間の経過とともに、「苦みが、エグみが増し、旨味が風味が失われる」と云われております。
掘りたては茹がかなくても美味しくいただけるシロモノ、筍ご飯などその場クッキングの場合は茹でることもなく調理してもGood。
持ち帰り用は、掘りたてを98ℓの寸胴鍋で即茹でましたので、あとは調理人の腕次第です・・・苦労して自分で掘った筍たちです・・・美味しくいただいてくいださいナ。

そして、今回、大好評で約一部のお子達は箸と口の動きが止まらなっかたほどの大好評だった「天ぷら&かき揚げ」、素材は、春の旬もの。
天ぷらには、初チャレンジの山椒の若葉にタラの芽、かき揚げには新玉ねぎ・人参・きぬさや・シイタケ・ヨモギ・干しエビなど使ってみました。
🈟メニューに採用した「山椒の若葉」想定以上に・ことのほか美味しかったですね。

今迄、山の竹林の端にしつこく茂っていた野性の山椒の古木、トゲとげもあって邪魔者扱いでバッサバッサと切り取っていたが・・・、これからは大事に扱わねばですね・・・。
なんといっても、大勢で、ワイワイ・がやがやと食べるから食欲がアップし、更にワンランク アップの美味しさが味わえる・・・のですネ。  









2021年04月10日 21時13分
 バードコール

 
 最近は、「大谷ショウヘイ」&「池江璃花子」の二人の若者の活躍ぶりが、暗い・醜い・情けないニュースがこれでもかこれでもかと続いている中で、清々しい感動を与えてくれて、且つこれからの活躍がものすごく楽しみですね。(もう、ほかのニュースは余り観たく無い・聴きたくない感じの昨今なのです)

4月も、もう十日、暖かい日も段々と多くなって過ごしやすくなってきております。
これから日差しが・新緑が眩しくなり、「山笑う」頃となってまいりました。
(俳句の春の季語である「山笑う」の解説については、名人や俳句を趣味にたしなむという新会員のNさん聴いてくだされ・・・。)


吾輩にとっては、これからの時季が一年で一番の好物であり、テーションアップの頃のような気がします。
そして、百姓塾の新年度のスタートでもあり、どんなメンバー構成になるのか楽しみも一段とアップする頃でもあります。

山の方でも、18日の例会に向けて、タケノコの方も順調に地面の中から顔を出してくれております。
今日は、三女の会社の同僚親子が今春2度目の来訪です。

これまでの間に、塾のフライイング企画・生涯大33期OB会・H9~H12年まで在籍の白浜局時代の同僚・娘の嫁ぎ先の🈟親戚家族や会社の同僚等が山に登って掘り出してくれて・・・既に74本。
台風被害のあった一昨年の超不作は除いて、ここ数年は夏・黒Stfの手による間伐効果(?)で掘り出し数170本超えなので・・・。
手をかければ、かけただけの答え・結果を出してくれる我が家の里山の素直な樹木や竹たちなのです。
(恩を恩と感じない・恩も倍返してやろうという気概・度量も無く、自分ファーストの勝手な人間も増えてきているような気のする昨今のど田舎の人間どもとは、違つて正直なのです。

今年もまだ100本くらいは?・・・例年あてにして待っている親戚等もあることもあります故、まだまだ頑張って掘らねばなのです。

そして、吾輩の目論みに従ってくれれば、18日の例会には30本超えのタケノコが掘りだせ、即茹でにてんてこ舞いになる見込みなのだが・・・。

     
 6/6の梅もぎ例会に向けて今年もイイ感じに実ってくれてます。 3/7の復活例会で植え付けたジャガイモ、イイ感じに芽を出して バードコール:木と蝶ネジ(左)・ストロー(右)で作ってみました。

 ところで、今年は、山の広場周辺に周遊してきてくれる小鳥たちが多いような気がします。
そして、鳴き声・さえずりが大きいような気もします。
3月くらいから手作りのバードコールを使って遊んでいる成果??
広場周辺の木にかけてある4つの巣箱も巣を作り雛を返した形跡もあり、今年もこれから巣作りに産卵の時季?かと注視してます。

大群でよく広場に周遊してきているシジュカラやメジロは、警戒心が強く、用心深い性格だそうです。
それに比べると『ヤマガラ』は好奇心旺盛で、勇敢な性格で生き抜くために強くたくましい精神力と賢さを持っているとか。
そして、人ともすぐにフレンドリーになれ可愛いがられるそうなのです。

今朝の、NHKラジオの「山カフェ」を聴いていたら、「ヤマガラは人懐っこく、手に置いたエサを食べに来ている」と云うようなメールを紹介してました・・・そして、
「Me too !!」の人が何人もいる様なのです。

そうと聞けば、吾輩も…であります。
バードコールで呼び寄せ、フレンドリーな仲間になり、行く行くは「そんなことが出来るなんて・・・信じられない!?」と云うことに・・・新たなチャレンジメニューがまた一つですワイ。


なお、バードコールなるもの、木やネジ・ストローがあればいとも簡単に出来ますので、今年度の暇ありの例会時に良い子の皆で作ってみましょう。

そして、野生の小鳥を手の上に載せることが出来る特技・神業を身に付けちゃおうでは・・・。
                                                                    ヤマガラ 

 尚、例会前日の17日午後1時より、「南房総市 令和3年度 市民提案型まちづくりチャレンジ事業 公開プレゼンテーション」なるものが、とみうら元気倶楽部 ホールで開かれます。
しろうと百姓塾も3年目の応募・挑戦となります。
今回は、諸般の事情により発表(時間 5分)は黒川Stfにお譲りしスポットライトのあたる快感を味わっていただくことにしました。
そして、コメンテーターとの質疑応答(10分くらい)は二人で対応しようと思います。

ので、ピカピカのウチワをもって応援もOKです。
そして山の広場で今ブームの前泊キャンプ、そして翌日9:30の「山カフェ オープン」に備える・・なんてもヨロシイのでは・・・。

3/28の塾だよりにて「もしかしたら?『元』」と紹介したら、「現役です」とお叱りのメールをいただいたレディースの姉さん・・・
                               可愛いお孫さんを連れて、ブームを楽しまれては??( 
小笑



 では、新年度スタートの4・18、暑すぎにならない程度の心よい快晴を期待しましょう。 良い子の皆さん&そうでもない皆さん、この一週間は、くれぐれも行いを良くして過ごしてくださいネ。                
                                        
                                          
                                    




2021年04月02日 21時41分

 和み(なごみ)の笑顔

 4月 2021年度のスタートです。

今、そこかしこで満開の桜の競演・桜吹雪が舞う卯月春真っ盛りの三芳野です。

「世の中に 絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」(在原業平825~880年)の有名な歌(?)がある様に、平安の昔からサクラは人の心をとらえていたのですね。
葉が出る前の見事な咲きっぷりと散り際の潔さが日本人受けしてるのかもですね・・・。

そして本日、今年も我が家にツバメが初飛来・・物置や車庫の中に出入りし、前年使用の巣を点検しているかのようです。
今年も、孵った雛がヘビなど襲われ事も無く、無事に一家そろって南の国にに帰れるといいのですが…ね。


さらに、山のタケノコ達もOB会の面々や百姓塾の皆さんが来て賑やかに綺麗に掃除してくれたおかげで気持ちよく、例年並みに順調に顔を出してくれております。
4月の第1週は一桁台。
第2週に入ると10本台に。
そして、塾の例会日あたりがピークで20後半~30本台に・・・となってくれるはずなのですが・・・今年も、吾輩の目論み通りに出てくれると良いのだが・・・。
   植物には秘められた力があるようです。

先の例会で「恵方食い」した玉ねぎなどに含まれるケセルチンと云う抗酸化作用の強い物資には新型コロナウイルスやSARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスに対する効果がみとめられているとのことです。

また、緑茶に含まれる「エピガロ・カテキン・ガレート(EGCG)」にも、新型コロウイルスへの抗ウイルス作用が』あり、感染力を弱めるとインドの医科大学が発表し注目されているとか。

 
絵手紙名人様から3/28のフライング企画:竹林掃除の際の『名句付きの絵手紙』届きました。
もったいないので皆さんにも御裾分けいたします。
 
EGCGには、インフルエンザウイルスの増殖も抑える効果もあると云われてます。

もっともっと植物を食べて飲んで、丈夫な身体づくりをデス。
空豆が、その実をつけ膨らんできました。筍同様に鮮度が美味しさの命、もぎたてを即ゆでて熱々を食べる・・・それが『抜群の旨さに』


 4月の「タケノコ掘り例会」では、「善い気」「精気」の漂う山の中の広場や竹林で新玉ねぎなどの春の旬物を食べ、緑茶を飲んで植物の持つ秘められた力 プラス 新緑の今の時期が一番効果が大きいと云う森林浴を目いっぱい楽しんで、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけ次第攻撃すると云うNK(ナチュラルキラー細胞)を活性化させコロナウイルスなんかに負けない身体にしてお帰りになり、新年度の仕事も新学期も頑張ってくだしゃんせ・・・です。



 尚、新会員さんから例会時の持参品について問い合わせがありましたが・・・例会には、持ち物は入りません・・・「和みの笑顔」だけご持参ください・・・です。



今年の「百姓塾のラッキーカラーは・・・パープル」であるとお告げがありましたので、今年度は紫を多様することになろうかと思います。