鯵のなめろう
鯵に味噌、ネギ、ショウガのみじん切りなどを混ぜて、さらにねばりがでるまでたたいたもの(他にカツオ、イカ、金目鯛などを使うこともあります。)

 波の荒い時、しょうゆではこぼれてしまうので味噌を使用したのです。味付けは、そのまま食べられるようにと濃い目の味付けです。沖で食するために漁師さんの知恵が生んだ料理です。この辺で鯵は一年中漁獲があるので、その食べ方にも工夫がこらされたのだと思います。
 同じような食べ方でもその土地によって名前も料理もさまざまです。なめろうは鴨川〜千葉県は外房地域にかけての地域で食されています。

一搬的な鯵のなめろう

料理提供:かしわくら

酢なめろう
一般的には酢を使わずに、味噌主体の味ですが。酢を加えることで味噌との相乗効果で、酢特有の酸っぱさがなくなり、よりヘルシーな料理になります。
これをこの地域では、「たたきなます」や「酢なめろう」等と呼んでいます。
どこの家庭でも、料理のバリエーションのひとつとして、食されています。

料理提供:かしわくら
さんが焼き
なめろうを焼いたもの。こちらも沖に出た漁師さんが、あわびの殻を皿代わりに乗せて焼いて食べたところ、大変美味しかったのでそれが伝わったとされています。地元の料理屋さんでは同じようにあわびの殻になめろうを乗せて焼いて出してくれます。

料理提供:中乃見家
孫   茶(まごちゃ)
なめろうをご飯の上に乗せて、お茶や汁物をかけたもの
「なぜ孫茶というのか・・・・・。」
あまりに美味しいので「家で待っているかわいい孫にも食べさせてやりたい。」とか。その辺のところははっきりしません。

料理提供:中乃見家